運動・入浴時間の調整で寝つきはよいが、夜中目が覚めて眠れない

質問

質問者: まこさん

先日はど丁寧なご回答本当にありがとうございました。

運動の時間、お風呂の時間のアドバイスにより寝つきはとても良くなり感謝しています。
しかし夜中目が覚めてから寝付けないことがあります。

腹式呼吸をしてリラックスして寝付こうとするのですが、色々なことが頭に浮かび寝付けません。
寝付いても寝ているのかどうかわからないほど眠りが浅いです。

どうか夜中目が覚めても寝付ける方法のアドバイスをいただけたらと思います。お願い申し上げます。

回答

まこさん、前回のアドバイスをお試し頂けたのですね。

少しでもお役に立てたのであれば嬉しいです。

夜中に目が覚めてしまい、その後スムーズに寝付けない、中途覚醒については改善していないようですね。

就寝時間を1時間程度遅らせてみる方法は、試されましたか?

寝床で過ごす時間を短くすることで、浅い睡眠の増加を防ぎ、熟眠感も得やすくなります。

睡眠時間を短くしても、日中しっかり目覚めて過ごせるようであれば、ぜひ調整してみてください。

加えて、午後の早い時間に短い昼寝をすることもおすすめします。

昼寝のポイントは、「深く眠らないこと」、「長く寝すぎないこと」です。

適度な昼寝習慣は、睡眠の質を上げる効果も期待できます。

また、眠れない日は思い切って一度布団から出てしまうのも一つの手です。

目が覚めてしまったり、眠れなかったりすると時計を意識してしまいますが、時間の確認は我慢して、眠れない夜を楽しんでみてはいかがでしょうか。

眠れる力をためることで、次の日はぐっすり眠れるはずですよ。

参考になれば幸いです。

回答者

| 菅原 奈緒子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A