時間がなく、短時間睡眠に|目覚しも起きられないことへの対策は?

質問

質問者: おこめさん

高2女子です。

高校生になってから目覚まし時計の音が聞こえなくなりました。

そのため一応目覚まし時計をセットしているのですが、親に起こしてもらわないと起きられません。

iPhoneのアラームの音量を最大にしても、店で一番大きい音のするアナログ時計の目覚ましを鳴らしても何も聞こえません。

中学生の時は7~8時間寝ていましたが、
今の睡眠時間は大体平日は4~5時間、土日は5~6時間です。

平日は授業の予習があり、土日も部活があるので眠りたいだけ眠ることは難しいです。

親には意志がないだけだと言われます。
何かの病気でしょうか?
どうすればいいでしょうか?

回答

おこめさん、学生時代は学業に部活にと学びが多く、身体も心もそして脳も様々な刺激を受けることが多い時期です。

そのため、身体をメンテナンスしたり記憶の整理を行う睡眠はとても大切な時間と言えます。

高校生に必要な睡眠時間は、一般的に8時間程度といわれていますので、おこめさんが睡眠不足状態にあるのではないかと心配です。

主な寝不足症状としては、どこでもすぐに眠れる、朝すっきり起きられない、朝から食欲がない、休みの日は長く寝てしまうなどがあげられます。

心当たりはないでしょうか?

忙しく時間のやりくりが難しいのは分かりますが、テレビやスマホの利用時間を調整するなど、30分だけでも長く眠れるように調整してみてはいかがでしょうか?

加えて、昼間の短い仮眠で寝不足を補うと少し症状が緩和するかもしれません。

起床から6時間後に5分間(時間がなければ1分でも)目を閉じるだけで、脳をリフレッシュすることができます。

休みの日に時間がある時は、良い二度寝を試してみるのも良いでしょう。

睡眠不足は、学習能力や身体能力の低下にもつながりかねません。

できるだけご自身の身体を労わってあげてくださいね。

回答者

| 菅原 奈緒子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A