昼夜逆転|夜寝つけず、集中力も低い|改善法と病院の選び方は?

質問

質問者: とかなかさん

24歳男子学生です。

ここ最近昼夜逆転状態です。

学生ですのでそこまで時間に縛られることはありませんが、それでも大切な用があるときなどに眠れないと不安に感じることがあります。

昼夜逆転だけなら良いのですが、夜だとなかなか寝付けない、寝付けても1,2時間で目がさめるなどの問題があり、また起きている間も常にふわふわと集中力に欠いた状態で困っています。

治すためなら受診も必要かなと思っていますが、病院の選び方などはあるでしょうか、また自分でできる改善方法などはありますか?

長くなりましたがよろしくお願いします

回答

とかなかさん、不規則な生活や昼夜逆転の生活では、朝食抜きなどの不規則な食事にもなりがちですが、いかがでしょうか?

炭水化物中心のメニューや不規則な食生活に、昼夜逆転の生活、運動不足などの生活の乱れが加わると、幸福ホルモンであるセロトニンの分泌が少なくなってしまいます。

睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンは、このセロトニンから作られるため、生活の乱れが「寝つきが悪い」や「すぐ目が覚めてしまう」などの不眠症状にもつながります。

さらに、快眠を得られないことで疲れが残ったり、睡眠不足がさらに進んでいく…という流れに陥ってしまいます。

運動、食事、睡眠は年齢を重ねてから後悔しないためにも、非常に大切です。
今のうちに改善していきましょう。

理想的には、日付が変わる前に寝たほうがよいです。

いきなり眠る時間を変更してもうまく寝つけないと思うので、自然に眠れる時間帯から1週間に15分ずつ早めていくようなペースで理想の生活リズムに近づけていくことをお勧めします。

自分では改善が難しい場合には、やはり専門医に相談してみると安心かと思います。

病院の選び方については、睡眠専門医探しのポイント自分に合った病院の選び方などの記事が参考になるかと思いますのでぜひご覧ください。

回答者

| 菅原 奈緒子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A