パートナーの寝言が多くなり、ねぼけ状態で行動も|悪化するか不安

質問

質問者: まつさん

29歳女性です。

相談したいのは、私の主人(25歳)についてです。

元々結婚前から寝言の多い人でしたが、最近その寝言が多く、更に行動(記憶なし)にも出るようになってきました。

急に起きて、「え?なんだろ?どこいっちゃったのかな?」とベッドの上で探し物。
私が気づき、「どうしたの?」と聞くと、
「あれ?おかしいな?」といいながらまた寝るというのがありました。

朝あったことを話すと覚えていませんでした。


直近では、掛布団を撫でながら「頑張ってね!〇〇(子供の名前)」を話していて、私と「それ、布団だよ?」と会話出来ます。

ですが、朝聞くと覚えてません。


歩き回ったり、外出したりすることはありませんが、これが重症化してしまうのは心配ですし、一緒にいて心配です。(夜中の出来事なのでだいぶ怖いです。)

これは病気なのでしょうか??

回答

まつさん、ご主人の寝言についてのご質問拝見しました。

寝言に加え、身体を動かすようなねぼけ行動は、まつさんの眠りを妨げることにもなりかねませんし、心配ですよね。

通常、寝ている間は脳や身体の機能が低下し、夢に反応して行動しないようになっていますが、眠りが浅く半分覚醒しているような「ねぼけ状態」では身体が動いてしまうこともあるようです。

ストレスや睡眠不足がねぼけを引き起こすこともあります。

最適な睡眠時間を確保することに加えて、心身ともにリラックスした状態で眠りにつけるように、眠る前の行動を見直してみてはいかがでしょうか。

例えば、「夕食は早めに済ませる」「就寝1,2時間前までに入浴する」「就寝1時間前までにPCやスマホの利用をやめる」「眠る前は光量を落とした環境で過ごす」「ストレッチや呼吸法を行う」などの行動がおすすめです。

その他、定期的に運動することも睡眠の質を高めます。

このように、生活行動を工夫することで症状が緩和することもありますし、多少の寝言であれば、治療を必要としないケースもありますが、ハッキリとした寝言や行動を伴うような場合には、危険な病気のサインである可能性も捨てきれません。

一度、専門医への相談してみると安心かと思います。

睡眠専門医については、睡眠学会から睡眠医療認定医リストが出ています。
ご検討ください。

回答者

| 菅原 奈緒子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A