平日6時間、休日10時間睡眠|居眠り・起こされても起きられない

質問

質問者: みんみさん

19歳女性です。

睡眠時間は平日5~7時間で、休みの日は9、10時間も寝るのですが、どうしても学校の授業で眠気に襲われて気づいたら寝てたっていう状況が毎日、しかも毎授業に起きてしまいます。

また1回寝たら起こされても起きないっていう状況が何回も続いています。
どうしたら治りますか。

回答

みんみさんは、授業中寝てしまう毎日を変えたいのですね。

まずは、生活習慣を変える必要がありそうです。

私たちが行った調査では、平日と休日の睡眠時間の差、いわゆるソーシャルジェットラグが大きいと、不調や疲労感を感じる割合が高くなるというデータが出ています。

これが日中の居眠りの一つの原因になっているのではないでしょうか?

特に午前中から眠気を感じているのであれば、睡眠不足の可能性が高いです。

改善策としては、平日と休日の睡眠時間の差を1時間以内にとどめるように意識してください。

平日にどうしても睡眠時間を確保できない場合は、休日は1時間早く寝て、1時間遅く起きるという形で2時間まで延長しても構いません。

起床後は、太陽の光を浴びて朝食をとってください。

それでもまだ寝足りないようであれば、二度寝のコツを参考に、午前中の仮眠で寝不足を補うと良いでしょう。

さらに、ランチ後の昼寝を習慣化すると、リズムが整いやすくなったり、夜の睡眠の質もあがりますのでお試しください。

昼食後の昼寝は目を閉じて休むだけで効果があります。

2週間続けてみても変化を感じない場合には、別の原因を探る必要があります。

疑問などあればまたいつでも質問してくださいね。

回答者

| 菅原 奈緒子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A