毎日同じ睡眠時間をとりたい|短時間と長時間睡眠を繰り返す

質問

質問者: さとさん

今年29歳になるアラサーです。
性別は女です。

眠い日が多いなとずっと思っていて、どれくらい寝れば大丈夫なのかと、今年の二月から睡眠時間を記録してみ始めました。
平均すると8時間~9時間寝ればよさそうだということが分かりました。

しかし、疲れが溜まってどうにもこうにも寝ないとしんどいという日が出来てしまい、そこで12時間~15時間くらい寝ると、3時間~7時間でやっていける日が何日か続いて、そうするとまたどどっと寝る日が2、3日続いて、、、というのを繰り返しています。

毎日、8時間か9時間寝られれば改善できるのではと自分では思うのですが、難しいです。どうしたら改善できるでしょうか。

すごい眠くてしんどい日が仕事の日だと本当に辛く、前に、少し風邪をひいていたことをいいことに早退してしまったこともありました。

なにかアドバイス頂けたらと思います、お願いします。

回答

さとさん、ご自身の睡眠を見直すために睡眠記録をとることはとても理にかなっている素晴らしい方法です。

傾向を見るには、2週間程度記録をしてみることが必要です。

1つの方法としては、好きなだけ眠り眠っている時間をひたすら記録する方法です。

目覚ましをかけず部屋のカーテンも閉めっぱなしにして、自然に目が覚める時間に起き、何時間眠ったかを計ってみてください。

最初の1、2日は日頃の睡眠不足を解消しようとして睡眠時間がとても長くなりますが、4、5日かけて自分にとって必要な睡眠時間に徐々に落ち着いてきます。

ここで分かった5日目頃の睡眠時間を目安に、毎日同じ時間帯に同じ時間だけ眠る生活を1週間続けて、朝の目覚めや日中の調子など身体の様子を観察してみてください。

疲れを感じるようなら昼間に短い仮眠をとることも有効です。

ポイントは、睡眠時間を減らすような行動はできるだけ控え、規則性を乱さないように心がけることと、週単位といったある程度長いスパンをかけて様子をみることです。

たっぷり眠る日と睡眠時間を削る日を繰り返していると身体の負担も大きくなりますし、体内リズムを崩す原因にもなってしまいます。

ご紹介した方法では時間がかかってしまいますが、さとさんに合った睡眠時間が分かれば、不足した際のリカバリーも早めに行えるようになりますので、ぜひ試してみてください。

回答者

| 菅原 奈緒子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A