人と接することが不安になった|寝言がひどく、暴言もはいている

質問

質問者: まーさん

数年前から対人恐怖症みたいになり、自分に自信がなくなりました。友人ですら会うのが辛くて。

年齢は37です。 嫁と2才のこどもと暮らし 。
今は嫁の実家暮らしです。

症状は寝言がひどく、ハッキリとしゃべり、かなり暴言を吐いてるみたいです。
気使い症で人と話しするのがめんどくさいです。

回答

まーさん、精神的にもかなり辛くなってきているご様子ですね。

ぐっすりと眠ることができれば、ストレス解消や心身の回復もしやすいと思いますが、ひどい寝言もあるようなので、満足な睡眠がとれていない可能性もありますね。

ストレスは寝言を過激化させることがあります。

寝言があまりにひどくて、気になるようならば、まずは睡眠障害の専門医に一度ご相談されると良いと思います。

睡眠障害は、内科をはじめ精神科、耳鼻咽喉科などさまざまな診療科の先生が診ています。日本睡眠学会の睡眠医療認定医リストがご参考になるのではと思います。

受診前に、
・普段の就寝・起床時刻、睡眠時間、途中で目覚める頻度
・生活リズム
・眠っている間のご様子がいつからどんな風に変化したか
・寝言などの頻度
・日中の気分や体調

なども予めまとめておくと、受診時に先生とのご相談がよりスムーズになると思います。

最近では寝言を録音するアプリも登場しているので、そういったものを利用するなど、簡単にメモしておけると良いですね。

もし、まーさんにかかりつけ医がいらっしゃるようなら、これまでのまーさんのご様子をご存知の先生に相談されるのも1つの選択肢になると思います。

さらに、ストレス緩和法を取り入れてみるのもおすすめです。
ストレスを和らげ、スムーズな入眠の助けとなるリラクゼーション法には、体の筋肉の緊張をほぐす筋弛緩法や、イメージ訓練、瞑想などがあります。寝転んで行うヨガニドラーなら、ナレーションCDやアプリもあり、気軽に始められるかと思います。

ご自身が心地よいと感じられるものを探してみて下さいね。

回答者

| 菅原 奈緒子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A