横向きでしか眠れない、何か抱いていないと眠れないのはなぜ?

質問

質問者: ユーロさん

いつも楽しく拝見させていただいてます。

横向きでしか眠れない人は何が考えられますでしょうか?
また、何か抱かないと眠れません。

よろしくお願います。

回答

ユーロさん
いつもご覧くださりありがとうございます。

寝姿勢は人によって、好みの違いや体形、身体の調子などによっても落ち着く体制が様々です。

では、人によって寝姿勢の好みが違うのはなぜなのか?
いろんな方に寝姿勢について伺ってみると、人によって寝るときの好みの体勢が驚くほど異なることを感じます。この体勢でないと寝られないという方もいれば、なんとなく落ち着くのがこの体勢という方もいらっしゃいます。

眠るときには出来るだけ心身を休息させようとするので、身体が凝って疲れが抜けにくくなっていたり、どこかを痛めていれば、おのずとその箇所をかばうなど自然とカラダが楽と感じる姿勢を選んでいるようです。私も自分の好きな寝方をするのがベストなのだと思います。

横向き寝は、呼吸の通り道がふさがりにくので、いびきが出る方やアルコールで酔っている方、そして寝返りを打ちにくい妊婦さんにも取りやすくおすすめな寝姿勢です。

抱き枕を補助的に使うこともとてもいいですよ。抱き枕の効果についてはこちらの記事「抱き枕(ボディーピロー)の使い方は? またどんな効果がありますか?」にもありますが、横向きになった時の姿勢を支えてくれるので、肩や腰が楽ですし、安心感も得られます。

ただ1つだけ注意があります。横向きで寝ると肩などが圧迫されやすいので、マットレスや枕はご自身にあったものを選んで、身体の1か所にかかる負担が大きくならないように注意してくださいね。
朝起きて手がしびれていたり、どこかに無理がかかっているようなら血流悪化や身体のゆがみにもつながるので寝具の見直しが必要だといえます。

また横向き寝の際に、どちら側を下にしても同じように抵抗がなく眠れる場合には、右半身を下にして眠ると、胃・腸の働きを助けることができ消化によいともいわれていますので不調の際には試して見てくださいね。

なお、睡眠姿勢と性格タイプについてはこちらでご案内しております。
寝相と性格の関係
よろしければご覧ください。

回答者

| 菅原 奈緒子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A