うつ病の治療中|寝言があって、寝相も悪いがその改善法は?

質問

質問者: さりゅさん

半年程うつ病の治療をしているのですが、このところ2週間位、朝方にはっきりとした寝言を言うようになりました。

寝言を言っているという意識はあります。また、寝相も酷いようです。

今後どのように改善していったら良いのでしょうか。

回答

うつ病の治療をなさっているのですね。
日々移り変わる気持ちや体調の変化に不安やご心配も大きいですよね。

寝相や寝言は、神経や筋肉の疲れを解いたり体温調節を行う役割があり、多くの人が経験していることです。

 

特に大きな問題がない場合もありますが、ストレスが多いことで出現することもあるため、ストレス緩和法を取り入れると良いかもしれません。

ストレスを和らげ、スムーズな入眠の助けとなるリラクゼーション法には、体の筋肉の緊張をほぐす筋弛緩法や、イメージ訓練や瞑想などの認知的弛緩法があります。

>>1回15分の筋弛緩法
>>ウトウトしてもよい瞑想「ヨガニドラー」

 

あわせて睡眠環境も改めて見直してみてはいかがでしょうか。

寝室の音や光、温度も眠りの質に影響しますし、寝る前のお酒、タバコ、カフェイン、夜食なども眠りを悪くする方向に働きます。

バランスのとれた食事や規則正しい就寝・起床リズムが必要なことは言うまでもありませんが、すべてを一気に改善しようとするのではなく、自分にできそうな改善点から少しずつ整えていくことをおすすめします。

>>睡眠環境の整え方6選

参考になさってみてください。

回答者

| 菅原 奈緒子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A