6時間睡眠も二度寝・昼寝をしてしまう|眠いのは意志が弱いから?

質問

質問者: くまさん

22歳学生です。女で、夜は6時間くらいは寝てます。

早起きは好きですが、二度寝をしてしまい、最近はすっきりと起きることができません。
中学のときから授業中起きていられず、高校では立たされてしますこともありました。

自分で勉強し直すので、成績は割と良い方でした。

好きな授業なのにうとうとしてしまって、ノートが使い物にならないことばかりです。
模試でも寝てしまって、時間内に終わらないことも多々ありました。
普段の講義や授業で一回も寝なかった講義があると友達に驚かれるくらいです。
カバンから電卓を取り出すためにカバンを探ってる最中に寝てたこともあるそうです。

自分で調べて寝ないツボとかレッドブルなどの飲み物を試してますけど、どうしても寝てしまいます。
寝たくないのに寝てしまい、とてもストレスがたまります。

そして、最近ではアトラクションに並んでいる最中に眠すぎて膝から落ちそうになったり、車を運転するときに信号が変わるまでの間に寝てしまい、指摘されて起きて焦るってこともありました。

寝たくて寝てるわけではないので辛いです。
一度起こされてもすぐにまたうとうと船を漕いでしまいます。

椅子から落ちそうになることも日常茶飯事で、教室の一番前にいても状況は変わりませんでした。
講義も寝てしまうなら行かなくてもいいのではと学生生活のモチベーションも下がってます。

主に座ってるときに眠気に襲われますが、自分の大好きなテレビや本を楽しんでいるときには起きていられるので、やはり意思の問題なのでしょうか。

回答

くまさん、寝たいわけではないのに、時と場所を選ばず、くまさんの意志に関わらず眠ってしまうことがあるようなのですね。運転中などにも眠気がやってきてしまうのは、とても心配ですね。

くまさんの仰る気持ちの問題などではなく、身体からのサインと考えた方が良さそうです。

お早目に睡眠の専門病院、専門の先生に症状をご相談されることをおすすめします。

以下のページで日本睡眠学会の認定医療機関・認定医が紹介されています。該当する医療機関がお近くにない場合には、まずはかかりつけの先生などに相談なさってみて下さい。

>>日本睡眠学会睡眠医療認定医リスト

 

例えば、日中に強い眠気を催す病気の1つに「過眠症(ナルコレプシー)」という病気があります。

自分の意志ではどうすることもできない強烈な眠気が襲ってくる病気、とされています。ただ日中に眠気を感じる症状は他の病気にも当てはまるので、詳しくは専門の先生でないと判断が難しいことです。

睡眠の専門の先生にご相談頂ければ、このような病気の可能性も含め、客観的にくまさんの状況を調べて頂き、具体的な対処法がご相談できると思います。

少なくとも、今のご様子のまま毎日を過ごされるのは、眠気が原因のトラブルや事故などのリスクを高めることにもつながりかねません。

眠りの問題を調べてみて、くまさんにとってよりよい眠りが確保できるようになれば、日中もきっと今よりも楽しく過ごせるようになるはずです。ぜひ一度受診をご検討下さい。

回答者

| 和田 和子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A