寝つきはよいが、尿意とは無関係に2時間おきに目が覚めてしまう

質問

質問者: accoさん

こんにちは。
41歳、女、睡眠時間は4~6時間です。

私の悩みは、眠りについた時間に限らず、2時間ごとに目が覚めることです。
このリズムが始まったのはこの2カ月ぐらいです。

以前はトイレで目が覚める(睡眠中に2回ほど)ことに悩んでいましたが、今はそうではなく尿意とは関係なしに寝って2時間後に目が覚めて困ります。

日中だるく眠気がとれません。

夕飯は寝る3時間前までにすませるように心がけています。
寝付きはいいです。宜しくお願いします。

回答

accoさんは、夜中に何度も目が覚めることに困っていらっしゃるのですね。

寝つきはよいとのことですが、夜中に目が覚めた際にも、すぐに眠りにつくことはできますか?スムーズに寝付けれるようであれば、それほど心配する必要はありません。

 

とはいえ、夜中に何度も起きてしまうと、まとまった睡眠がとりにくく、結果ぐっすり眠れたという熟睡感も得にくくなりストレスに感じますよね。

中途覚醒が起こる大きな原因の1つは、自律神経の乱れ、つまりストレスと言われています。

 

無意識のうちに、「今日もまた夜中に目覚めてしまうかも」と心配してしまっていることも考えられます。
ご自身に合ったリラックス法を探してみましょう。

筋肉のコリや緊張をゆるめるようなストレッチや、体の内側から温める効果のある呼吸法、ふっと心が休まる音楽やアロマを取り入れるのも良いかもしれません。

 

他にも中途覚醒を防ぐ方法をご紹介します。気になるものがあればご参考になさってください。

<食事の時間を一定にして体内時計を調整しよう>
夕食だけでなく、1日の食事の時間をなるべく毎日同じにし、寝る時間もきちんと決めることで生活全体のリズムが整っていきます。

 

<適度な運動で新陳代謝を高め血行を良くしよう>
血行が悪くなり、体温も低くなると、自律神経の不調を招きます。
自律神経のバランスが崩れると、中途覚醒も起こりやすくなります。

身体には程よい疲労感が大切なのです。ウォーキングやサイクリングなど毎日30分程度、手軽に続けやすいものがおすすめです。

 

<カフェインやお酒はNG!>
コーヒーに含まれるカフェインや、ビールやお酒に含まれるアルコールは睡眠の大敵です。寝る前には控えましょう。

 

<大事に至る前に病院で治療を>
夜中に目が覚めるだけではなく、眠ったはずなのに昼間急激に眠くなることがある場合には、睡眠時無呼吸症候群の可能性も考えられます。

いびきをかいていないか、昼間眠気がないかを振り返り心配があれば一度専門医の診察を受けてみることをおすすめします。

ご参考までにこちらの記事もよろしければご覧ください。
>>夜中のトイレを減らすコツ¥

回答者

| 菅原 奈緒子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A