環境が変り長時間睡眠に|日中眠く、昼寝もしてしまうのはなぜ?

質問

質問者: ゆきちさん

16歳、高校1年生、女子です。

中学生の頃は、日付けが変わってから寝てしました。大体5時間や6時間睡眠でした。

しかし、高校に入って睡眠時間が増えました。
22時から23時の間に寝て、7時に起きてました。(8~9時間睡眠)
はじめは、慣れない環境と40分間自転車に乗って登下校しているので疲れてたくさん寝ているんだと思っていました。

4月の頃は部活に入っていなかったんですが、5月から部活に入ってもっと疲れるようになっていたんですが4月と睡眠時間は変わりませんでした。

夏にはもう慣れて疲れも感じなくなりました。
しかし、一向に睡眠時間は変わりませんでした。

そして、9月くらいから20時半から9時半に寝てしまうようになってしまいました。
9月下旬にテストがあり前日の夜は日付けが変わるまで起きていられました。(テスト期間も早く寝てしまいました。)

テスト最終日は2時頃に寝たんですが、その日の夜は23時頃まで起きていられました。
しかし翌日からまた10時には寝る生活になってしまいました。
授業中も睡魔が襲ってきます。

起床時間はいずれも6時40分から7時の間です。
休日も部活が終わったら2時間ほど昼寝をします。
ストレスは特にありません。

このおかげで勉強や趣味の時間がありません。
なぜこんなに寝てしまうのでしょうか?
また、どうしたら改善されますか?

回答

ゆきちさん、たっぷり寝ていても授業中も眠い…というご様子なのですね。

中高生の睡眠時間の目安は、8時間程度は必要とされています(もちろん個人差はあります)。

睡眠時間の長さだけで見れば、ゆきちさんの睡眠時間が極度に長いということではなさそうです。勉強に部活に毎日活動的に過ごしている分、身体が休息を必要とするのも無理もないことです。

ただ、昼間も眠いことが日常的なら「睡眠の質」を上げる工夫をしてみましょう。

 

■寝る前スマホ・明るい照明は厳禁
スマホはとても便利なツールですが、寝る前の使用は睡眠の質悪化の原因になります。
①ディスプレイの光
②閲覧している内容
が主な原因で身体が覚醒し、リラックスするときに働く副交感神経のスイッチが入りません。寝つけたとしても浅い眠りになってしまいます。深い眠りが得られないと、結果的には身体と脳が疲れを翌日に持ち越すことになります。
夜の使用は少し我慢して、朝使いましょう。朝の使用なら目覚めの助けにもなります。

スマホと睡眠の関係

 

■お風呂を活用
ゆきちさんは、シャワー派でしょうか?
忙しいときはついお風呂を短縮したくなりますが、湯船に浸かった方が睡眠の質にはメリット大。深部体温が効率的に下がり、深い睡眠を得やすくなります。

疲れていて湯船に浸かる気力もない…という時は、ぜひ手浴を試してみて下さい。時短で睡眠の質UPにつながります。

手浴の方法

 

■睡眠リズムに影響しないお昼寝
平日に疲れた身体を、週末に回復させて翌週の元気を取り戻すのは良い方法です。ただ、週末のお昼寝のとり方によっては逆効果になることも。
お昼寝は夜の睡眠の先取りになるので、なるべく早い時間帯に。目安は午後3時までに1時間半ほどの長寝がコツです。

休日の長寝のコツ

 

なお、もし眠りの不調が昼間の活動に支障を来すほどの場合には、一度専門の医師に相談してみることをおすすめします。
まずは睡眠の質を上げる工夫を試して様子を見てみて下さい。

回答者

| 和田 和子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A