ストレスのためか、パートナーの寝言が酷くなって気になる

質問

質問者: ぐるんばさん

主人の寝言が酷く、手足も動き、寝言を言っているときは現実と夢と区別がつかない。

去年は、義父がなくなったり、仕事のこともプライペートなことも色んなことが立て続けにあり、相当ストレスがかかってるので、もともと寝言をハッキリ言う人でしたが、輪をかけているのかも。

落ち着けばなおるのかなとも考えていましたが、昨夜か今朝方、数秒全身痙攣をしてました。

大きな病院は紹介状がないと見てくれないので、まずはクリニックの何科に行けばいいのでしょうか?

回答

ぐるんばさん、ご主人さまのご様子が心配ですね。

睡眠中の異常行動にはさまざまありますが、ご主人さまの眠っている間の様子が変化してきたようなら、まずは睡眠障害の専門医に一度ご相談されると良いと思います。

睡眠障害は、内科をはじめ精神科、耳鼻咽喉科などさまざまな診療科の先生が診ています。日本睡眠学会の睡眠医療認定医リストがご参考になるのではと思います。

 

受診前に、
・普段の就寝・起床時刻、睡眠時間、途中で目覚める頻度
・生活リズム
・眠っている間のご様子がいつからどんな風に変化したか
・寝言などの頻度
・ご主人さまが起きている間のご様子の変化(ご本人の自覚有無やご家族からみた変化)
なども予めまとめておくと、受診時に先生とのご相談がよりスムーズになると思います。
簡単にメモしておくのも良いですね。

 

もしぐるんばさんのご主人さまにかかりつけ医がいらっしゃるようなら、これまでのご主人のご様子をご存知の先生に相談されるのも1つの選択肢になると思います。

また、ご主人のご様子が気になって、ぐるんばさんもなかなか安心してゆっくり眠れていないのではと思います。

お昼間の仮眠などでうまく補えると良いですね。
15時までに20分程度で済ませるのがお昼寝のコツですが、もしももっと疲れを感じるようなら二度寝もうまく活用してみてください。

 

ご主人さまがなるべく早いタイミングで専門の先生に診てもらえますように、こんなときだからこそぐるんばさんご自身の身体も大切にしてくださいね。

回答者

| 和田 和子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A