うなされていて、寝言や寝相がひどい|ベッドから落ちるのはなぜ?

質問

質問者: まーさん

初めまして。
年齢 20歳
性別 女性
睡眠時間 4~7時間
だいたい夜中の1時~3時に就寝して7時~9時過ぎくらいに起床します。

自分では知らないんですけど、毎日のようにうなされています。
はっきりとわかる言葉で怒ることも多々あります。
脚をバタつかせたり、寝返りなどが激しくてベッドから落ちることもあります。

これはただ寝相が悪いだけでしょうか。

回答

「毎日のように」という点が気になります。ただ寝相が悪いだけで済ませるのは少し心配かもしれません。
まーさんの身体がきちんと休めていない場合には、改善が必要です。

うなされたり、手足が動くと、自覚症状がなくても睡眠の質は損なわれます。寝言も長い時間しゃべり続けているようなら、脳が休めず睡眠の質の低下につながります。

 

まーさんは、「寝たはずなのに眠気が取れない」「寝ても疲れが取れない」など寝不足を感じることはありませんか?

睡眠不足が原因で浅い眠りが続くと、寝言が増えたり、悪夢を見てうなされたり、叫び出すこともあります。ムニャムニャと言葉にならない寝言なら問題ありませんが、はっきりとした言葉で頻度が高ければ、脳が異常を訴えている場合もあります。

例えば、レム睡眠行動障害という病気の前兆かもしれません。パラソムニアについて心当たりがないか確認してみてください。

 

一時的な症状であればよいのですが、以前から続いているようなら、専門医への相談や、検査入院により原因を突き止めると安心かと思います。

 

また、眠りの質を上げたり、ストレスを解消することで改善される場合もありますので、いくつかご紹介します。

・規則正しい生活を
良い眠りには、規則正しい生活が基本です。十分な睡眠時間を確保し食事や運動にも気を配りましょう。

 

・ストレスをため込まない
ストレスによって寝言を過激化したり、悪夢をみやすくなることも多いようです。

嫌なことはため込まないように心掛けてください。ストレスを和らげるリラクゼーション法には、体の筋肉の緊張をほぐす筋弛緩法や、イメージ訓練、瞑想などの認知的弛緩法があります。寝転んで行う「ヨガニドラー」なら、ナレーションCDやアプリも出ており、気軽に始められるかと思います。

 

・カフェイン
カフェインも睡眠には良くないので、夕方以降はコーヒーや紅茶などを控えるのが無難です。

 

・寝言を定期的にチェック
最近では寝言を録音するアプリも登場しているので、頻度や内容をチェックすることをおすすめします。

回答者

| 菅原 奈緒子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A