同じ時間だけ眠っていても、眠る時間帯が違うと日中の眠気が違う

質問

質問者: しゅーまさん

男子高校生です。

夜中0時から朝の7時まで寝ると日中も眠いのですが、朝の4時から昼の12時まで寝ると眠くありません。

同じ時間寝てるのに全く違います。

なんとか一般的な状態に戻したいです。

回答

しゅーまさん、体内時計を周期とする1日のリズムが少し乱れてしまっているのかもしれませんね。

最近は4:00~12:00に眠ることが多くなっているでしょうか? 0:00~7:00で眠る方がおそらく学校の時間に合うと思いますので、以下のポイントを見直してみて下さい。

 

▼朝の太陽と朝食
何より、朝起きてから太陽の光を浴びることが重要です。光を目から感じることで、体内時計がリセットされ1日のリズムが始まります。朝のこのタイミングがポイント。

登校するまでの間に太陽の光をたっぷり浴びましょう。日陰よりも日なたを歩き、電車は窓側にいる方が光を浴びるチャンスがあります。加えて、朝食で身体を目覚めさせることも重要です。

身体が目覚め、1日のスタートダッシュがきれると、日中活動的に過ごしてほどよく疲労がたまり、夜になると自然に眠くなる…というリズムが整ってきます。その意味でも、朝は目を覚ますだけでなく、身体全体を目覚めさせる意識が重要です。

 

▼深い睡眠のための準備
しゅーまさんの寝つきはいかがですか?身体の中では、眠り始めてからの3時間の間に訪れる深い睡眠のときに、成長ホルモンが分泌されます。大人になると分泌量は減りますが、成長ホルモンには疲労回復やダメージを受けた細胞を修復する役割があります。

スムーズに寝つければ、その後深い睡眠に移行しやすくなり、結果的に疲労回復につながります。

同じ時間眠っても、寝つきが悪く、浅い眠りが多くては心身が十分に休めません。深い睡眠を得られるよう、環境・習慣を見直しましょう。

 

▼起床時刻を揃える
休日に眠り過ぎると、体内時計が乱れ翌週以降にダメージがきます。眠る時刻は日によって違っても、起床時刻は揃えましょう。休日も、いつもより+2時間以内で起床するのが目安です。休日くらいゆっくり寝たい、というときは「良い二度寝」を。

 

なお、睡眠時間が全体的に遅い時間にずれこむ「睡眠相後退障害」という睡眠障害もあります。もししゅーまさんの日常生活に支障を感じるようなら、早めに専門医へ相談されることをお勧めします。

回答者

| 和田 和子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A