平日、起床後1時間、食欲がなく眠気が続くのはどうすれば改善?

質問

質問者: りかさん

女性23歳

朝の眠気について

平日は12時に寝て、7時半に起きています。昼間は全く眠気はないのですが、起床後すぐは睡眠が足りないと感じ、1時間は食欲が全くないです。

休日は10時間程寝ており、朝はアラームなしですっきり起きれて、ご飯もすぐに食べれます。

自分にあった睡眠時間は10時間なのでしょうか。でも、平日は10時間も寝れません。
起床後すぐの眠気と食欲がないのはどうすれば改善されるのでしょうか。

回答

りかさん、平日と休日とで睡眠時間や目覚めが違う印象のご様子ですね。もしかしたら平日の睡眠不足を休日で補っているのかもしれません。

休日の方が気分的にもゆとりがあるので、穏やかにすっきり目覚めやすいということはあるかもしれませんが、平日も休日のような目覚めを目指したいですよね。まずは、以下のポイントでチェックしてみて下さい。

 

▼起床時刻をなるべく一定にする
りかさんの休日の起床時刻は何時ごろでしょうか?実は、休日に普段よりもたっぷり眠って、平日と休日とで眠り方にギャップができると、体内時計が整わず眠りのリズムが作りにくくなってしまいます。

平日の睡眠不足を休日でうまく解消するのは良いことですが、起床時刻はなるべく揃え一定時刻に一度起きてみましょう。起きたら朝日を浴びて身体を一度目覚めさせることがポイント。もう少し寝ていたいな…という休日は、こんな二度寝をしてみて下さい。

 

▼目覚めの太陽と食事の工夫
起床後の太陽は目覚めには不可欠です。カーテンを開けて、光を入れましょう。食欲があまりなくても、バナナなど軽めのものでも食べると身体も目覚めます。他に目覚めをすっきりさせる方法はこちらでご紹介しています。

もし眠る前など遅い時間帯に食事を摂ることが多い場合は、夕食のタイミング・量を見直すのも1つの手です。深夜のドカ食いを避けるために、夕食を何度かに分けてとる(会社でおにぎり+帰宅して消化によいスープなど)のもおすすめ。眠っている間は胃腸も休ませてあげましょう。

 

▼睡眠の質の改善
睡眠時間はどうしても限られてしまいますよね。今確保できている睡眠時間で、睡眠の質をぐっと上げる工夫をしてみましょう。何時間ベッドにいたかよりも、質のよい睡眠がどれだけとれたかが疲労回復のポイントです。

睡眠の質は眠る前の行動はもちろん、朝や日中の過ごし方も関わっています。睡眠の質UPのための身体や環境の整え方はこちらをご参考になさってください。

 

▼起きるタイミングの工夫
眠りのリズムでは、浅い眠りと深い眠りが繰り返されますが、浅い眠りのときに起きればよりスッキリ目覚められます。アプリなどで起きやすい時間にアラームを鳴らしてくれる目覚ましもあるので、試してみると良いかもしれません。

朝起きて、日中活動して、夜自然に眠気がやってきて…というリズムは当たり前のようにも思えますが、忙しく過ごす方はそのリズムも崩れやすい場面が多くあります。眠りのリズムは1日を通して作られるものなので、りかさんが始めやすいところから工夫してみて下さい。

回答者

| 和田 和子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A