20歳、6時間半睡眠|会議や移動中に眠気、ツボ押しも効かない

質問

質問者: てつさん

20才 男 睡眠時間は23時から5時半の6時間半。

会議の時や助手席に乗った時、朝の通勤で運転している時などすごい眠気があります。

ネットに書いてあるツボを押してみても眠気は変わりませんでした。

回答

てつさんは、眠気を解消したいのですね。

眠気の出る時間帯に傾向はありますか?
もし、午前中にも眠気が出ている場合には、今よりも睡眠時間を長くとることで解消される場合が多いです。
というのも、午前中の眠気は、寝不足のサインといわれているからです。

休日に、長寝をしてしまうことはありませんか?
休日の長寝も、平日の睡眠不足が原因であることが考えられます。

休日の長寝は体内リズムを狂わせて眠りの質を下げてしまいますが、正しい二度寝で睡眠不足を補うことができます。

また、昼間の眠気をコントロールするためには、仮眠をとるなど工夫することもおすすめです。
平日の仮眠のコツは、10~20分の仮眠を、午後3時までにとることです。
そこまでの時間が取れない時は、全身の力を抜いてたった1分目を閉じるだけでも身体がリフレッシュします。

他にも、眠気覚ましに効果的な7つの方法も紹介していますので、てつさんにあった眠気覚ましの方法を探してみてください。

それでもなかなか改善しない場合には、睡眠障害などの問題が隠れていることもあります。
症状が改善しないようであれば、睡眠外来などの専門医にご相談されることをおすすめします。日本睡眠学会では、睡眠学会認定機関、認定医師等のリストが紹介されていますので、受診先の参考になさってください。

寝不足状態が続くと、少しずつ、着実に睡眠負債が蓄積しています。1週間単位で睡眠負債を小まめに返済・解消して、次の週に疲労を持ち越さず、充実した毎日をお過ごしください。

回答者

| 菅原 奈緒子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A