ぐっすり眠っても頭がスッキリしないまま、仕事を始められるか不安

質問

質問者: ふうたろうさん

39歳、女です。8時間位です。

今は仕事をしていないので、ゆっくり眠れるのですが、
これから仕事をしたいと思うのですが、グッスリ寝ても朝スッキリ起きられない、
一日中眠くて頭がスッキリしなくて仕事など集中することが難しい、
このような状態で仕事が始められるのか心配です。

改善することはできるでしょうか?

回答

ふうたろうさんは、ぐっすり眠っているはずなのに朝スッキリ起きられず、困っていらっしゃるのですね。

一日中眠気がありスッキリしない状態では、お仕事を始める上でも心配ですね。

このような状態はいつ頃から続いていらっしゃるのでしょうか?
生活習慣を変えることで、ある程度睡眠を改善していくことはできますが、ふうたろうさんには、根本的な原因を突き止めて改善していく方が良いのではないかと感じます。

一度、睡眠の専門医に相談し検査を受けてみてはいかがでしょうか?
睡眠専門医については、睡眠学会からリストが出されているので、参考にしてみてくださいね。
>>http://jssr.jp/data/list.html

生活に取り入れて欲しい快眠のコツもいくつかご紹介しておきます。
どれも効果を感じるまでには数週間継続して行うことが必要です。
できそうなものからお試しください。

・寝具、部屋の温度は自分が心地良く感じる環境に
質の良い眠りのためには、安心して眠れる環境を整えることが不可欠です。

・寝る前の食事はNG
寝ている間も消化活動しなければならず身体が休めません。

・毎晩湯船につかる
身体の中まであたたまるお風呂で深部体温が上がって、入浴後に下がるときに眠気がやってきます。深部体温がストンと下がるほど睡眠の質もUPしますよ。

・刺激を遠ざける
寝る前のスマホ、PC、ゲームなどはNGです。
脳は光の刺激に敏感なので、身体が逆に目覚めてしまいます。スマホやTVなどから離れ、間接照明など穏やかな光の中で過ごしてください。

・寝るときにはパジャマが基本
寝る前にパジャマに着替えると「入眠儀式」にもなり、快眠に一石二鳥以上の効果が期待できます。

・光を利用する
朝は、太陽の光を浴びると目覚めやすくなります。
お部屋のカーテンを朝日が差し込む程度開けておきましょう。
その他、>目覚めをすっきりさせる16の方法>寝起き改善ストレッチもおすすめです。

日中活発に動いて、夜はぐっすり眠るといったメリハリのある生活が送れるように、ふうたろうさんに合った生活リズムを焦らずに探してみてください。

回答者

| 菅原 奈緒子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A