夢と寝言のせいか寝起きから疲れる|日中の眠気もあり改善したい

質問

質問者: 花田さん

23歳 女性
平日平均睡眠時間 7時間

夢を細かに見るためか寝起きに疲れた、と感じます。
朝起きるのが辛いです。

寝言もよく言うと聞きます。
隣の相手を叩きながら起きてる!?と声をかけることもあったそうです。

仕事中は勿論、集中しているはずの会議や商談の最中に耐え難い眠気が襲うので大変困っています。

昔は不規則でしたが、今は規則正しい生活になってからは寝つきは良いです。
病院に相談にいけば改善するのか、日常生活で改善のためできることはないかなどおわかりになりましたら教えて頂きたいです。

回答

花田さんは日中に耐え難い眠気に襲われ困っていらっしゃるのですね。

お休みの日も朝のスッキリ感や日中の眠気は変わらないでしょうか?
何度も夢を見たという記憶が残っていることから、眠りが浅くなっている可能性がありますね。

深くグッスリと眠ることで改善するかもしれません。
そのためには日中の過ごし方も大切です。
ポイントをご紹介します。

【朝の過ごし方】
・毎朝同じ時刻に起きよう
・太陽の光をしっかり浴びよう
・朝ごはんをきちんと食べよう

【日中の過ごし方】
・日中は活動的に過ごそう
・屋外で過ごす時間を持とう

【夕方の過ごし方】
・軽めの運動をしよう
・カフェインの摂取は避けよう

【夜の過ごし方】
・お風呂でリラックスしよう
・アルコール、カフェイン、ニコチンは控えよう

【眠る前の過ごし方】
・光を避けてリラックスしよう
・寝る前は食べないようにしよう

夜の休息と日中の活動にメリハリをつけることが、よい睡眠につながります。

日中は交感神経を活発にして活動的に過ごし、夜は副交感神経が優位になるよう静かに過ごすよう心がけると良いでしょう。

さらに眠る前の体温コントロールにより深い眠りが得られやすくなります。

夕方の軽めの運動や就床の2~3時間前の入浴で体温を上げておくと、入眠後スムーズに深い眠りに入りやすくなります。

色々試しても日中の様子が改善しない場合には、睡眠の専門医に相談し原因を探してみた方が安心です。受診も検討してみて下さい。

回答者

| 菅原 奈緒子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A