高3、朝まで眠れず、昼過ぎまで熟睡|徹夜をしても夜眠れない

質問

質問者: ようさん

高校3年生男の子の母です。
今年2月ごろから学校に行けなくなりました。

前日の夜、次の日の学校の用意をしてから、11頃には布団に入り、朝方まで眠れず、7:00に起こすと、体も頭も動かず、朝食を食べながら、眠くなり、学校に行かずに、昼過ぎまで熟睡。

無理に起こして、いろいろ言うと、物を壊しだし、手に負えなくなる。さすがに最近は、どうしようもなく、本人のリズムで生活させていますが、学校には行けず、午後1時2時3時ごろには起きて、それからは、調子良さそうにしています。

それでも、早く寝たくて、11、12時には布団に入っていますが、3時4時にならないと寝付けない日々のようです。

先日、体育祭で、寝ずに学校に行って、一日中太陽の下にいましたが、夜寝れるとはなりませんでした。

食事もとっていますし、夕方、ジムでたっぷり運動もしています。

前のように夜寝れれば、解決すると思うのですが、朝起こすことを続けてもいい状況はよくなりませんでした。

医者でもらった睡眠導入剤も効かなかったようです。
怠け、意思の弱さで解決しないと思いますが、いつも行くかかりつけの内科では、親身になってくれませんでした。

大きな病院では、いい薬とかあるかもと思いますが、午前中動くことが難しく、なかなか行けません。
高校は続けたいそうですが、卒業はこのままでは無理です。

回答

ようさん、息子さんが眠れなくなったきっかけなどはありますか?

例えば、以前から徹夜や夜更かしが多い生活をしていたことなどが原因で、睡眠の時間帯が戻せなくなることがあります。

体内時計のリセットには、眠る時間よりも、起きる時間の規則性を維持し、起床後2時間以内に光を30分以上浴び続けることが効果的です。
この時、ただ光を浴びるのではなく、目から光を取り入れるようにすることがポイントです。
お庭やベランダでも良いので少し外に出てみるのも良いでしょう。

1週間程度の継続で徐々に起床後の調子も変わってくるかと思いますので、1,2週間単位を目安に10分~15分ずつなど息子さんの無理のないペースで起床時間を早めていくことをおすすめします。
時間をかけて少しずつずらしてくださいね。

夜は、逆にできるだけ暗い部屋で静かに過ごしましょう。
理想は、就寝1時間前からゲームやスマホなど刺激になるものは手放して、リラックスできる時間を意識して欲しいです。
就寝直前の過ごし方も参考にしながら、息子さんと話し合ってみて下さい。

眠れない原因が分からず、急に眠れなくなってしまった場合や自身での改善が難しい場合には、ぜひ、睡眠の専門医にも相談してみて下さい。
最近は色々な治療法も出てきているようです。
これまでの様子や、これまで試したこと、日頃の生活などできるだけ詳しい情報をメモして持参すると相談しやすいかと思います。

睡眠専門医については、睡眠学会からリストが出されているので、そちらも参考になさって下さい。

回答者

| 菅原 奈緒子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A