記憶の定着には1時間の昼寝がよい?|記憶はどのように定着する?

質問

質問者: 春さん

大学受験生です。

本などを読み、記憶力の定着には1時間くらいの昼寝がよい、また、眠ってから六時間たつと、記憶の定着がされる、というのを知りました。

しかし、私の場合には七時間睡眠をとれているものの、4、5時間後に一度目を覚ましてしまっています。
一度目を覚まして、頭はすっきりしているのですが、もう一度寝ようとすると自然と眠れます。

これで記憶定着の効果はあるのでしょうか。
また一時間の昼寝をしているのですが、これは学力向上に繋がりますか。
夜一度目を覚ましてしまうことを考えるとやめたほうがよいですか?

教えてください。

回答

春さん、記憶と睡眠との関係についてのご質問拝見しました。

眠っている間に脳では、記憶が整理され定着されることは色々な実験によって明らかになっています。
しかし、残念ながら1時間くらいの昼寝がよいという話は私は聞いたことがありません。

記憶の整理を行うのは、レム睡眠中と言われています。
そして、最初のレム睡眠が現れるまでの時間は深い睡眠の量によって左右されますが、平均でおよそ90分程です。

仮眠で30分以上寝てしまうと、深い睡眠に入ってしまい起床後ぼーっとしたり、夜の水印に影響を及ぼすとも言われています。

春さんも、1時間のお昼寝により夜の睡眠分断が起こっているのではないか?と感じていらっしゃるようなので、お昼寝時間を短くした方が良いのではないかと思います。
睡眠が分断されると、一般的には睡眠効果は下がると思います。

おすすめのお昼寝時間は、15分~20分程度です。
午後1~3時の間の短いお昼寝を習慣化すると、夜の睡眠の質が上がるとも言われているので、夜にしっかりと眠れるように工夫された方が良いのではないでしょうか。

お試しください。

回答者

| 菅原 奈緒子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A