騒音が気になる|ホワイトノイズ発生装置の身体の悪影響はある?

質問

質問者: hhhHさん

30代/男性/睡眠時間 平均6時間程度

外部の騒音があるのでホワイトノイズ発生装置を使用したいと思うのですが、ホワイトノイズを聞き続けることによる身体への悪影響はないのでしょうか?

回答

hhhHさん、ホワイトノイズによる睡眠への影響に関するご質問ですね。

ホワイトノイズ自体は、リラックス効果があると言われています。
ただし、どんな音であろうと、40デジベル(昼間の閑静な住宅街や図書館内などの騒音レベル)を超える音がする環境で眠ろうとすると、覚醒度が上がり、眠りに入りにくくなります。
さらに、音が刺激になり熟睡を妨げてしまいます。

遮音・遮光カーテンに変えてみてはいかがでしょうか?
騒音が軽減できるかと思います。

それでも外部の騒音が気になる場合には、イライラを落ち着けるためにホワイトノイズを流すことは良いと思います。
その際、音をかけたまま寝るのではなく、タイマーを活用し、入眠後に音楽が止まるようにセットしてみてはいかがでしょうか。

参考までに、編集部のオススメ安眠グッズ特集では、耳栓などもご紹介しています。

お試しください。

回答者

| 菅原 奈緒子

睡眠改善インストラクター

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A