日ごろからストレスをためこまないようにするコツはありますか?

ストレスをためこまないようにするには、日ごろからまず「眠ること」を心がけましょう

 

「仕事でがんばったストレス解消に、家に帰ってから夜遅くまでテレビやゲームで気分転換」という人も少なくないでしょう。

でもそのせいで睡眠が犠牲になっていませんか?睡眠時間を犠牲にしたストレス解消方法はおすすめできません

睡眠には、嫌な記憶を消す働きがあり、ぐっすりと眠ることが精神的ストレスに対処する最良の方法です。精神的なストレスを減らすには、脳を休ませることが第一。そして脳が休むにはぐっすりと眠るほかないのです。

また、楽しく気分転換しているつもりが、不眠の原因になっていることがあります。わくわくするような興奮状態にあると、すぐに寝つけそうにないのは想像できるでしょう。

 

ストレス発散はうつ予防になりますが、長く眠れない状態が続いてしまうとうつ病になる可能性もあるので要注意です。

時間の限られている日はぐっすり眠ることに集中して、趣味などの気分転換は休日にするなど工夫してみましょう。

ちなみに、ストレス解消のためにお酒に走っても、睡眠の質は悪化するので、結果的にはストレス解消になりません。ご注意を!

白川 修一郎

監修

医学博士

白川 修一郎

睡眠評価研究機構代表、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所客員研究員。東京都神経科学総合研究所客員研究員。江戸川大学睡眠研究所客員教授。日本睡眠改善協議会常務理事・日本睡眠学会理事。主な著書に『睡眠とメンタルヘルス‐睡眠科学への理解を深める‐』(ゆまに書房/共著)など。


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A