頻尿で夜中に何度もトイレで起きてしまうのは問題ですか?

その後なかなか寝つけないようなら問題があります。

 

中年になると、眠りについた後にトイレのために目覚めてしまう人が増えます。1回や2回トイレで目が覚めても、その後すぐに寝つくことができる人はあまり気にする必要はありません。

しかし、トイレ覚醒の回数が増え、トイレの後になかなか寝つけなくなってしまうようだと問題です。

本来、寝ている間にトイレにいきたくて起きることがない状態が正常です。

しかし、歳をとると腎臓や膀胱の働きも衰え、また眠りが浅くなることで、トイレ覚醒は増えてしまいます。

一晩に3回以上トイレに起きる人は、60歳代で約5%、70歳代では約10%、80歳以上では30%以上。

お年寄りの「なかなか安定した睡眠がとれない」という悩みの45%近くは、トイレ覚醒が原因といわれています。

 

白川 修一郎

監修

医学博士

白川 修一郎

睡眠評価研究機構代表、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所客員研究員。東京都神経科学総合研究所客員研究員。江戸川大学睡眠研究所客員教授。日本睡眠改善協議会常務理事・日本睡眠学会理事。主な著書に『睡眠とメンタルヘルス‐睡眠科学への理解を深める‐』(ゆまに書房/共著)など。


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A