「冬季うつ病」の改善には、どの程度の光を浴びると良いですか?

朝~昼間の強い光(約1万ルクス)を1〜3時間程度浴びることが必要です。

 

「冬季うつ病」の改善には、非常に強い光が必要です。そのために最も効率がいいのが太陽の光。

昼間は冬場でも1万ルクス程度の強さがあります。朝は1時間程度、昼間は2時間以上の光を、1週間程度毎日浴び続けることでサーカディアンリズムが少しずつ整っていきます。

 

日光の強い光を人工的な光で代用するのは想像以上に大変です。眩しいと感じる蛍光灯の光も意外に弱く、コンビニの店内も2000ルクス程度しかありません。

パソコンやスマホの画面も、最も明るく設定しても500ルクス以下程度。日光の代用にはなりません。

ただし最近では、人工的に高照度光を出す装置も開発されています。生活環境で自然光がなかなか浴びられない方にお勧めです。

 

岡島 義

監修

博士(臨床心理学)

岡島 義

認知行動療法および睡眠心理学を専門とし、睡眠問題が及ぼす精神・身体症状、対人関係、社会生活への影響について研究を続けている。主な著書に、『薬を手放し、再発を防ぐ 認知行動療法で改善する不眠症』(すばる舎)、『4週間でぐっすり眠れる本』(さくら舎)など。

東京家政大学 人文学部心理カウンセリング学科 准教授


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A