冬に気分が落ち込んでいるとき、日光を浴びるのが効果的なのはなぜですか?

朝、日光を浴びることで「体内時計」が整うため、「冬季うつ病」の予防や解消に効果的です。

 

睡眠サイクルを整える「体内時計」を司るのは、「サーカディアンリズム」と「ホメオスタシス」の2つのリズムです。この2つが連動して動くことで、質のよい睡眠をとることができます。

「サーカディアンリズム」は、約24時間周期で身体の自律神経を調整するリズム。その働きには太陽の光が強く関係しており、朝起きて光をしっかりと浴びることで、夜、自然と眠くなる周期が生まれます。

冬場は太陽が昇り明るくなる時間が遅いので、この周期が後ろ倒しになってしまいます。すると過眠気味になり、気分が抑圧される「冬季うつ病」の症状が出やすいのです。

一方の「ホメオスタシス」は、体と脳が疲れを感じることで眠くなるリズムです。

 

「冬季うつ病」を避けるためには、朝、起きてしっかりと「太陽の光を浴びること」と、日常生活の中できちんと動き「ほどよい疲労感を体の中に溜めること」が重要です。

 

岡島 義

監修

博士(臨床心理学)

岡島 義

認知行動療法および睡眠心理学を専門とし、睡眠問題が及ぼす精神・身体症状、対人関係、社会生活への影響について研究を続けている。主な著書に、『薬を手放し、再発を防ぐ 認知行動療法で改善する不眠症』(すばる舎)、『4週間でぐっすり眠れる本』(さくら舎)など。

東京家政大学 人文学部心理カウンセリング学科 准教授


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A