食べてすぐに寝ると良くないのはなぜでしょうか?

太りやすくなるためです。

 

食べたものは体内の消化酵素により分解されて、ブドウ糖になります。

食事をして体内にブドウ糖が増え、高血糖状態になると、血糖値を一定に保つホルモン「インスリン」が働き、エネルギー源としてブドウ糖を各細胞に送り消費させます。

しかし、食べてすぐに寝てしまうと、ブドウ糖は使われません。

インスリンには、余った炭水化物や糖を脂肪細胞に送って蓄える働きもあるので、使われないブドウ糖は体内に溜めこまれることになります。これが肥満の原因になってしまうのです。

 

遠藤 拓郎

監修

医師・医学博士

遠藤 拓郎

睡眠学会認定医師。日本精神神経学会 精神科専門医。東京慈恵会医科大学助手、北海道大学医学部講師を経て、2005年にスリープクリニック調布、2007年スリープクリニック銀座、2009年スリープクリニック青山を開院。現在はスリープクリニックを統合し東京睡眠医学センター長を務める。睡眠に関するグッズ開発にも数多く携わっている。主な著作に、『4時間半熟睡法』『朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!』など。

東京睡眠医学センター長(スリープクリニック調布 院長)


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A