就寝前にコーヒーや紅茶、お酒を飲むのはよくないと言われますが、その理由は?

カフェインやアルコールによって眠りの質が悪くなってしまうためです。

 

カフェインは眠気覚ましに活用されるように、覚醒を促す効果があります。飲んだ15分後くらいに効き始め、8時間ほど効果が続くので、15時以降は飲むのを避けるようにしましょう。

もし飲むなら、デカフェ(カフェインレス)のものを選んでください。

また、栄養ドリンクはカフェインの塊。疲れたからといって15時以降など就寝時間を考慮せずに飲んでしまうと、睡眠の質が悪くなるので避けたほうがよいでしょう。

カフェインの量が多い飲み物は、ドリップコーヒー>インスタントコーヒー>緑茶>麦茶です。寝る前に水以外の飲み物を飲むなら、麦茶を選ぶのが良いでしょう。

 

晩酌や寝酒が毎日の習慣という人もいるかもしれません。アルコールを飲むと、急に体温が下がるため、一時的には眠くなります。

しかし3時間ほどすると、二日酔いのもとになる「アセトアルデヒド」という物質に変化して、体温と心拍数を上げるため、眠りが浅くなってしまいます。

夕食時にアルコールを飲んだら、寝るまで3時間以上間を置き、酔いを覚ましてから寝るようにしましょう。二日酔い予防にもなりますよ。

 

遠藤 拓郎

監修

医師・医学博士

遠藤 拓郎

睡眠学会認定医師。日本精神神経学会 精神科専門医。東京慈恵会医科大学助手、北海道大学医学部講師を経て、2005年にスリープクリニック調布、2007年スリープクリニック銀座、2009年スリープクリニック青山を開院。現在はスリープクリニックを統合し東京睡眠医学センター長を務める。睡眠に関するグッズ開発にも数多く携わっている。主な著作に、『4時間半熟睡法』『朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!』など。

東京睡眠医学センター長(スリープクリニック調布 院長)


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A