冷え性でなかなか眠れません。よい入浴法はありますか?

低体温症の改善を見込めるHSP入浴法を試してみましょう。

 

冷え性や疲れやすい体質の人には「HSP(ヒートショックプロテイン)入浴法」という方法がおすすめです。

HSP入浴法とは、ストレスで傷ついた細胞を修復して活性化させること(それをうながすタンパク質をHSPと呼びます)を目的とした入浴法。体内のHSP増加、免疫力アップ、低体温症の改善、疲れにくい身体の生成などの効果が見込めます。

 

HSP入浴法の方法は、以下の通り。体温を38℃まで上げることと、入浴後にしっかり汗をかくことがポイントです。

かなり体温が上昇するので、タイミングは就寝の2時間以上前に。また身体に負担が大きいので、無理をせず体調不良や月経時などは控えるようにしましょう。入浴の頻度は週2回程度がよいでしょう。

 

◎HSP入浴法
(1)42度くらいの熱めのお湯に、ぬるま湯で水分補給をしながら10〜20分ほど全身浴をする(43度くらいの半身浴でも可)
(2)口に体温計をくわえて、舌下38℃になったら湯船から出る
(3)身体の水分を拭き取って、バスローブを着て、靴下をはく
(4)バスローブの上にガウンや毛布を羽織って、首にタオルを巻く
(5)15分ほどかけて、全身に汗をかく
(6)汗を拭き取って着替える

 

三橋 美穂

監修

快眠セラピスト・睡眠環境プランナー

三橋 美穂

寝具や快眠アイテムの開発、睡眠関連企業のコンサルティング、ホテルや旅館の客室コーディネート、テレビや雑誌のメディア出演など多方面で活躍。著書に「驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100」(かんき出版)ほか多数。

有限会社Sleepeace 代表


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A