時差ぼけの主な症状は?

睡眠障害、消化器官系の不調などがあります。

 

ヒトの睡眠は体温の変化と密接に関わっており、夜間に体温が低下しはじめると眠くなり、体温が上昇すると覚醒します。このタイミングは生物時計により厳密に管理されています。

 

【睡眠障害について】

出発地の外部環境に合わせていた生物時計は、到着すぐに到着地の外部環境に合わせることはできません。そのため、さまざまな睡眠障害を引き起こす場合があります。

・到着地の夜に寝つけない、途中で目が覚めてしまう症状

到着地の夜が出発地での睡眠時間帯からずれている場合は、体温が高い時間帯に睡眠をとらなければならず、寝つけない、途中で目がさめてしまう、眠りが浅いなどの睡眠障害が起こります。

・ 到着地の昼に眠気が生じる症状

日中は、到着地の昼間が出発地での睡眠時間に相当するため、体温が低くなり、日中に眠気を強く感じることがあります。

 

【消化器官系の症状について】
肝臓や胃など消化器官系の臓器にも生物時計があり、脳にある中枢時計に対して末梢時計と呼ばれます。

消化器官系の末梢時計は、中枢時計の支配を受けているため、到着地での食事時刻が出発地とは異なることによって、時差ぼけとなり、消化に適した状態に調節されず、消化不良や食欲不振といった症状を引き起こします。

 

山仲 勇二郎

監修

博士(医学)

山仲 勇二郎

主な研究分野は、環境生理学、時間生物学、睡眠科学。日本時間生物学会評議員、日本生理学会評議員。環境生理学グループ久野寧記念賞(2012年)、日本時間生物学会学術奨励賞(2014年)。国内唯一の時間隔離実験室を使用し、ヒトの生物時計を対象とした時間生物学研究に従事している。主な著書に『体内時計の科学と産業応用(株式会社シナジー 2012年)』、『からだと温度の事典(朝倉書店 2010年)』など。

北海道大学大学院 大学院教育学研究院 健康体育学分野 准教授


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A