十分に寝返りのうてる広さのベッドにしましょう。

理想は両手を広げてはみ出ない程度の大きさですが、難しい場合は、ベッドを選ぶ際に実際に左右に寝返りをうってみて、十分な広さがあるか確認してみるのがおすすめです。
 
また、とくにスポーツをしているお子さんの場合は、寝返りの回数が多く動きも大きいため、大人同様の広さがある方が望ましいでしょう。

監修:安達直美さん
睡眠改善シニアインストラクター。株式会社 エス アンド エー アソシエーツ 取締役 常務執行役員。
国内大手航空会社において国際線客室乗務員として勤務後、寝装品メーカーの研究所で主任研究員として睡眠に関わる研究に従事。睡眠文化戦略コーディネーターを経て、現在職に至る。リラクセーションおよび眠りに関する商品開発およびマーケティングなどに携わる。
福岡RKB放送にて現在「どんどこサタデー」ドンドコヘルスケア(健康)コーナーにレギュラー出演中。

 

  • 本ページ内の医療従事者や専門家による回答・説明は診療行為ではありません。
  • 自己責任において利用し、必要があれば適切な医療機関を受診してください。