十分な睡眠時間をとっているのに、熟睡した感じがしない…。そう感じる日が続く人は、自分に合ったマットレスを使っていないのかもしれません。今回は、快眠セラピストの三橋美穂先生に「眠りの質を改善するマットレス選びのポイント」を伺いました。また、編集部おすすめのマットレスもご紹介します。

マットレスの選び方の基本と編集部おすすめマットレス5選

 

マットレスが睡眠に与える影響

マットレスが睡眠に与える影響

マットレスには睡眠中に腰にかかる負担を軽減させたり、寝返りを打ちやすくさせたりする役割があります。身体に合わないマットレスを使っていると、睡眠中に寝返りが打ちづらくなってしまうなどの理由から深い睡眠が得られず、目が覚めた後にも身体がだるいと感じるなどの症状が出てしまいます。

マットレスの主な役割

身体にかかる負荷の分散

人間の身体には凹凸があり、仰向けになってベッドや布団に横たわると、頭、肩、腰、脚に対して体重による負荷(体圧)がかかります。特に、腰には体重の44%の負荷がかかるため、この重さを身体全体に分散しないと、腰を痛めてしまう可能性があります。マットレスには凹凸のある身体を支え、体重による負荷を分散させる働きがあるため、自然な姿勢で無理なくリラックスして休めます。

寝返りを補助する

身体に合ったマットレスで寝ていると、スムーズに寝返りをうつことができ、睡眠中の滞った血流やリンパの循環を促せるので、質のよい睡眠をとることができます。また寝返りを打つことによって、背骨のゆがみが矯正されたり、布団と身体の間の熱を放出したりするなど、睡眠中の身体の負担を軽減できます。

合わないマットレスを使っているときのデメリット

自分の身体に合っていないマットレスを使っていると、睡眠中にかかった身体の負担によって、眠りが浅くなってしまいます。たとえば、柔らかすぎるマットレスで寝ていて腰が落ち込んでしまうと、寝返りが打ちづらくなってしまいます。すると、朝起きたときに疲れが取れていないと感じたり、腰が痛くなったりしてしまいます。これらの症状がある人は、マットレスの見直しをしたほうがよいでしょう。

マットレスの選び方

マットレスの選び方

マットレスには、ベッド用、布団用、マットレスの上に重ねて使う「オーバーレイ」などの種類があります。ここではベッド用のマットレスを購入するときのポイントをまとめました。

マットレスの買い替え時はいつ?

マットレスは、長年使うと形が変わってしまい、寝返りが打ちづらくなるなどの理由から寝心地が悪くなってしまいます。上質なマットレスでも、快適に使える耐用年数は10年ほど。
 
買い替え時は「お尻が接触している部分の消耗度」で分かります。仰向けになった時にお尻が沈んでしまうと、腰やお尻に体重の負荷が集中しやすくなり、また同時に寝返りも打ちづらくなってしまいます。お尻が触れる部分が、明らかにへこんでいると感じたら、マットレスを買い替えましょう。

マットレスの選び方のポイント

自分に合ったマットレスは、「寝たときに、立っているときと同じ姿勢になるもの」。そのうえで、さらにチェックしたいマットレスの選び方のポイントをまとめました。

硬さ

自分に合うマットレスの硬さは、体型や体重によって違います。例えば、硬めのマットレスは寝返りを打ちやすい反面、体圧を分散しにくいため、身体に負荷がかかりやすくなっています。また、柔らかいマットレスは、体圧を分散しやすい一方で、寝返りをするときに硬めのマットレスよりもエネルギーが必要です。
 
体重が重い人は、マットレスに身体が沈みやすいので、硬めを選びましょう。一方でやせ型の人は柔らかめがよいとされています。
 
自分に合った硬さを決めるときに注意したい点は、買い替える前のものと硬さを変えすぎないことです。硬いマットレスで寝ていた人が急に柔らかいものに変えると、身体がなじまず、睡眠の質に影響が出てしまいます。悩んだときは、やや硬めのマットレスを選び、柔らかめのオーバーレイを重ねて調整しましょう。2人で一つのベッドを使っている場合は、体重の重い人に合わせてください。

コイル(バネ)

ベッドに置いて使用する厚めのコイル系マットレスは、「コイル(バネ)+詰め物」という構造になっています。コイルには、一つひとつが独立して身体を支える「ポケットコイル」と、全体が繋がっている「ボンネルコイル」があります(ノンコイル系には、ウレタン、ジェル、樹脂、ラテックス、ウォーターなどがあります)。
 
ポケットコイルは身体を「点」で支えるため、フィットしやすく立っている姿勢に近く自然な体勢で寝られます。一方、ボンネルコイルは「面」で支えるため、やや硬めの感触ですが、通気性に優れています。
 
コイルは熱処理を施された旨が明示されているコイルを選ぶとよいでしょう。熱処理されたコイルは反発力が高く体圧も分散されるうえ、耐久性も高いとされています。

サイズ

寝返りが打ちやすいと感じるぐらいのサイズが理想的。1人で寝る場合でもシングル(幅約100cm)よりセミダブル(幅120cm)のほうがゆったり眠れます。

値段

目安となる価格はシングルで5万円以上。「マットレスの寿命は1万円あたり1年」ともいわれ、2万円以下だと、「へたり」が出やすいものが多いです。マットレスは値段に比例して材質などの品質も上がりますが、10万円以上が高品質のものであると考えてよいでしょう。

マットレスを店頭で試すときのポイント

マットレスを購入するときは、できるだけ店頭で実際に横になって選びましょう。ここでは店頭でマットレスをチェックときのポイントを紹介します。

楽な服装で来店し、枕と一緒に合わせる

枕の高さを今使っているものと合わせ、リラックスした服装でためしましょう。より就寝時に近い環境でチェックすることが大切です。

仰向けに寝る

身体が浮かず、沈みすぎない硬さかどうか確認しましょう。つま先が身体の外側に開いてしまったら、硬すぎで、合っていないというサインです。

横向きに寝る

身体の下に来る肩が窮屈だと感じないか、また寝返りは打ちやすいかチェックしましょう。

マットレスをインターネットで購入する際の注意点

今使っているマットレスが自分に合っていないと感じていても、なかなか店頭に足を運ぶことができない人は、早めに身体への負担を減らすためにインターネットで購入してもよいでしょう。ただし、古いマットレスの処理に要注意。インターネットでリーズナブルなものを購入すると引き取ってくれないケースが多いので、粗大ゴミの日をチェックしてから購入しましょう。

編集部おすすめのマットレス5選

三橋先生のアドバイスをもとに、フミナーズ編集部がぐっすり眠りたい「フミナーズ」の方々へおすすめのマットレスをセレクトしました。マットレスを見直す際の参考にしてみてください。
※商品価格は2017年8月2日現在のものです

デスクワークで疲れた腰の疲労をケアする高反発マットレス

モットンのマットレス

高反発マットレス 「モットン」

  • 希望小売価格(税込):シングル/59,800円
  • サイズ:厚さ10cm×シングル:幅97cm×長さ195cm
  • 重量:シングル/約7.5kg
  • ウレタンフォーム(色:グレー)
  • 中国製

《フミナーズ編集部のおすすめポイント》

日本人の体型について研究したうえで作られている点と、体重に合わせて3種類の硬さから選べる点が特長。反発力にこだわった高反発ウレタンを使っているので、体型に合わせて「体圧」を分散でき、身体を支えやすく、また、寝返りをうっても姿勢が安定しやすいので腰の負担がかかりにくいマットレスです。繰り返し使用しても厚さが減少しにくく、へたりにくいという点でもおすすめです。

世界を代表するアスリートが選ぶ「雲の上に乗っているような心地よい眠り」


 
東京西川 エアー01 ベッドマットレス ベーシック

  • 参考価格(税込):シングル/61,560円(+取扱手数料1,542円)
  • サイズ:シングル/厚さ14cm×幅97cm×長さ195cm
  • 重量:シングル/約5.3kg
  • 測地:ポリエステル100%、詰め物:ウレタンフォーム
  • 日本製

《フミナーズ編集部のおすすめポイント》

ウレタンの表面が凹凸になっており、身体を点で支えられるので、寝る時の姿勢を安定させられるため、睡眠中にかかる身体の負担が緩和される、という点が魅力です。
 
素材のウレタンは通気性に優れており、湿気や汗の分散を促して接触面の不快感を軽減するので、暑い季節でもさわやかに眠れます。

最新の睡眠科学を生かし最上の眠りを追求、老舗ベッドメーカー「シモンズ」のマットレス


 
シモンズ マットレス5.5インチレギュラー セミダブル

  • 参考価格(税込):93,312円
  • サイズ:厚さ21cm×幅120cm×長さ195cm
  • 重量:約27kg
  • 張り地:ポリエステル100%、中身:硬質スプリング
  • 日本製

《フミナーズ編集部のおすすめポイント》

朝起きたときに身体が痛む方や、眠っても疲れがなかなか取れないという方には、ホテルのベッドにも使われている、アメリカの老舗ベッドメーカー「シモンズ」のロングセラー商品がおすすめです。「シモンズ」のマットレスの特長はコイルにあります。一つひとつ独立したポケットコイルが、理想的な弾性を生み出し、自然な寝姿勢を保ちます。直径の小さいコイルを使用しているため、マットレス内に多くのコイルが配置され、身体をしっかりと支えてくれます。

最新の素材を使用、抗菌加工で清潔性を意識したマットレス


 
フランスベッド ブレスエアーマットレス セミダブル

  • 参考価格(税込):106,920円
  • サイズ:厚さ26cm×幅122cm×長さ195cm
  • 重量:約6kg
  • 素材:高密度連続スプリング、ウレタン、パームパッド、フェルト、樹脂綿、防虫不織布
  • 日本製

《フミナーズ編集部のおすすめポイント》

日本のベッドメーカー「フランスベッド」のマットレスは、身体をしっかり面で支える「高密度連続スプリング」を使用しているので、仰向けになったときに安定した正しい寝姿勢を保てます。また、通気性がよく素材に抗菌・制菌加工を施しており、キルト部分には房中抗菌不織布を使用しているため、清潔さを保ちたい方におすすめのマットレスです。

90%空気で作られた、自宅で洗えるマットレス


エアウィーヴ ベッドマットレス スマートEX セミダブル

  • 参考価格(税込):171,072円
  • サイズ:厚さ27cm×幅120cm×長さ195cm
  • 重量: 約32kg
  • クッション材:ポリエチレン 100%
  • 日本製

《フミナーズ編集部のおすすめポイント》

現在のマットレスで寝返りが打ちづらいと感じている方におすすめのマットレス。マットレスパッドの中の素材は90%以上が空気でできているairfiber(エアファイバー)で、押した時に元に戻る力が一般的なウレタンよりも強いため、スムーズな寝返りをサポートしてくれます。また、自宅で簡単に丸洗いができるので、汗をかきやすい人でも安心して使えます。

さらにマットレスを選びたい方はこちらのショップがおすすめ




SLEEP SELECT
 
1963年よりマットレスの製造も行い、眠りのサポートアイテムのオンラインショップ。50年以上に渡る製造技術やノウハウを生かしたオリジナルブランドも提供しています。

マットレスのメンテナンス方法

マットレスのメンテナンス方法

マットレスには湿気がこもりやすく、ベッドの上に置きっぱなしだったり、床にそのまま敷きっぱなしだったりすると、へたりやカビの原因になってしまいます。ここでは、ベッドのマットレスのメンテナンス方法を紹介します。

定期的に干す

湿気を避けるために、定期的に干しましょう。朝起きた後、掛け布団を足元の方にずらしておくだけでも、換気になります。ベッド用のマットレスを床に直接敷くと湿気がこもりやすくカビの原因になるので、避けましょう。もしどうしても直接敷きたい場合は、マットレスの下にスノコや除湿マットを敷いてみてください。

ベッドパッドを敷く

マットレスとシーツのあいだには、ベッドパッドを敷きましょう。マットレスに汗が染みると、表面にシミができてしまうだけでなく、へたりやすくなってしまいます。ベッドパットは定期的に洗濯したり、干したりし、清潔さを保ってください。

シーツをこまめに洗濯する

夏は週1回、冬でも2~3週ごとに洗いましょう。こまめに洗うことで汗や汚れがマットレスまで浸透するのを防ぐことができます。

photo:Getty Images

  • 体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。

==== 編集部が1記事ずつ選んだオススメ記事 ====

【完全マニュアル】眠れないときに試したい、3分で眠くなる6つの方法

→眠れない時に眠れる方法をご紹介しています。睡眠を促す食事や入眠儀式など、様々な「寝る方法」をまとめた完全マニュアルです。

【ホリエモン流睡眠術】6時間睡眠のススメ!堀江貴文さんの「ムダを徹底的に削る」方法

→ホリエモンこと堀江貴文さんの睡眠事情を伺いました。多忙な中でも、6時間の睡眠時間は確保しているという堀江さんの、ムダを徹底排除した生活とは?

わずか1分で眠る方法とは?眠れない時使える3つの呼吸法

→寝付きが悪い原因と、すぐに眠れる3つの呼吸法をご紹介しています。眠れない夜に試して、自分に合う方法を見つけてみてくださいね。

不眠症歴10年の私が、たった1日で「眠れない」を改善した方法

→10年間眠れなかった筆者が、いかにして不眠を解消したのか、実践した方法をご紹介しています。

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)