日常的に起こり得る不調には、様々な症状があります。肩こり、腰痛、頭痛、睡眠の問題、胃腸の不調、足のむくみ、イライラ……など、身体のみならず心の不安定性にまで及びます。こうした全身的な症状は、実は心身「リラックス」ができない状態になっているサインでもあります。

それでリラックスできてるつもり?実は疲れどんどんためる行動6パターン

私達の身体は活動的になるべき時には、身体を緊張させる働きのある「交感神経」が優位になり、身体を休めるべき時には、リラックスを促す「副交感神経」優位の状態へと向かうよう自律神経のバランスが保たれるようになっています。このバランスが乱れると「何となく不調」「身体のどこかしらがツライ」という不快な日々が続く可能性が高まるのです。

やりがちな“逆リラックス”6パターン

現代は、脳が疲労してしまう交感神経が優位になりがちな場面がとても多いです。そのため、意識的にリラックスを薦める情報を得る機会も多いかもしれません。ご自身でリラックス法を考えて実践しているという話もよく伺いますが、残念なことに逆効果となっている方法もあります。リラックスしているつもりでも、かえって疲れをためて緊張状態に陥りやすいケースをご紹介しましょう。

その1 休憩時間は常にスマホをチェック

仕事の休憩時間や移動時間、空き時間ができたら「とりあえずスマホチェック」が習慣化していませんか?
 
仕事をする際は、ただでさえ頭であれこれ考えたり、急いで業務をこなしたり、人と接するなどストレスにさらされ、心身が緊張状態になりがちです。スマホはSNSやゲームなど楽しい気持ちになることができるものである一方で、目からの刺激が過剰になりやすく、また姿勢保持の筋肉が疲れ、疲労が溜まりやすくなる要素があります。休憩時間にいつもスマホが手元にあるなら、たまにはスマホを少し遠ざけて、心身の緊張をゆるめる時間をもちましょう。

その2 ストレッチは痛くなくちゃ効果なし!

「疲れたなぁ」と思った時に自分でも簡単にできるストレッチは、大変お手軽にできるリラックス法です。ずっと座り姿勢が続いたときなどは、思いっきり伸びをしたくなるものですよね。筋肉がこり固まっていると、ストレッチをした際に「硬くて伸びない」と感じるかもしれません。
 
この時間違えやすいのが「ストレッチは痛いほど緊張がほぐれて柔らかくなる」と思い、勢いよく伸ばしたり、痛みを我慢して無理にチャレンジすること。リラックスどころか、筋肉が緊張しやすい反応が起きてしまうことがあります。「痛気持ちいい」と感じる程度ならまだしも、顏が歪んでしまうくらいの痛さなら、それは少しやりすぎかもしれません。

その3 熱~いお風呂に入る

お風呂の湯温は熱い方が好き、という人がいます。好みは人それぞれですが、湯温が高い場合は、シャキっと身体が目覚めます。交感神経が優位になり活動へ適した状態になるため、これから活動するぞ!というときには適していますが、ゆったりしたいときには逆効果。
 
緊張をほぐしてゆったりしたいのであれば、熱いお風呂よりも38~40度程度のぬるめの温度が適しています。

その4 疲労回復のためにスタミナ系をガッツリ食べる

朝、疲れがとれないまま、1日をスタートさせる日が続いていませんか?疲れがたまってきたと感じた時に「ガッツリ食べて疲れをとろう」とパワーの源になりそうなメニューを選び沢山食べる人がいますが、これは要注意。
 
実は、疲労がたまっている時は、ストレスによって内臓の機能が低下している可能性があるのです。胃腸に負担をかけないよう消化のよいものを選び(消化が良くなるよう調理するなど)、大量に食べることは控えましょう。胃腸へ負担がかかると周囲の筋肉が緊張を起こすことがあり、リラックスできなくなるケースもあります。

その5 帰宅後の飲酒でリラックス!

1日を終えて帰宅し、フ~っとひと息「リラックスタイム」を過ごしたい時に好まれるのがアルコールです。お酒を呑むと気持ちが楽になり、リラックスできるかと思います。ですが、もし飲酒量が多くアルコールが分解される前に就寝時間を迎えてしまうと、内臓が働いた状態で眠ることになります。身体が休まらず就寝時に大切な「リラックス状態」にはなりません。睡眠も質も低下する恐れもあるため、不調を感じやすくなる恐れありです。
 
お酒を飲むなら、なるべく就寝時刻の3時間前には切り上げておくのがベター。お酒以外に自分がリラックスできる方法を見つけておくのも、実は重要です。

その6 マッサージは強モミで!

こり固まった筋肉をほぐしてリラックスさせるには、痛みを我慢してでも強めのマッサージでなければ効果が出ないと思っている人がいます。しかし、痛みを我慢すると身体に余計な力が入り、マッサージの刺激がうまく入らない場合があります。また、刺激量が多すぎるとマッサージ後に“もみかえし”のような不調を感じる場合もあり、逆に緊張状態になることも。これでは、リラックス状態から遠のいてしまいます。
 
できればマッサージは専門家にお願いする方が安心ですが、セルフマッサージやご家族にお願いする場合にはその強さにご注意ください。

今すぐ姿勢をチェック!リラックスに必要なポイント

前述の「リラックス逆パターン」を繰り返した結果、また、緊張状態から脱することができない身体になっている人の共通点は、「姿勢が悪くなっていること」「呼吸が浅くなりがちであること」などが挙げられます。
 
リラックスができずにいると、姿勢を支える筋肉の働きが低下してしまいます。背スジを伸ばすよりも背を丸めている方が楽で、快適に思えるようになります。すると、いつの間にか呼吸も浅くなり、意識的に大きく呼吸をしてみると、気持ちよく息を吸い込めず、胸部や背中の筋肉がガチガチに張って痛く感じる場合もあります。
 
リラックスのベースは、深呼吸をゆっくりと繰り返すこと。自律神経を整えることへも繋がるため、まずは目を閉じて、ゆっくりと深呼吸をしてみましょう。吐く息を長めに意識します。布団に横になる・リクライニングチェアに身体を預けるなどして、脱力した状態で行えるとなお良いです。少しずつでも、姿勢を保つことが楽になっていくことができれば理想的です。
 
それに加えて、1日の生活の中で、時々姿勢を整えるよう意識をする時間をつくりましょう。きつめのジーンズのファスナーを上げるように、息を吸いながらお腹をへこませ上半身を引きあげると、背スジが伸ばしやすくなりませんか?デスクワークなど同じ姿勢が続いた際に、軽く姿勢をリセットするよう、このように姿勢を意識するエクササイズがオススメです。

まとめ

好みや生活スタイルにより、選ぶリラックス方法は人それぞれですが、逆リラックスパターンを避けるだけでも、身体が軽くなりリラックス状態へ促されやすくなるかもしれません。新年度はまだはじまったばかり。カラダからの「お疲れ・緊張サイン」を軽く流してしまわないよう、労わりながらベストなスタートを切りましょう!

photo:Getty Images

  • 体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。

==== 編集部が1記事ずつ選んだオススメ記事 ====

【完全マニュアル】眠れないときに試したい、3分で眠くなる6つの方法

→眠れない時に眠れる方法をご紹介しています。睡眠を促す食事や入眠儀式など、様々な「寝る方法」をまとめた完全マニュアルです。

【堀江貴文さんが語る】6時間睡眠のススメ!「ムダな時間を徹底的に削る」 ホリエモン流睡眠術

→ホリエモンこと堀江貴文さんの睡眠事情を伺いました。多忙な中でも、6時間の睡眠時間は確保しているという堀江さんの、ムダを徹底排除した生活とは?

わずか1分で眠る方法とは?眠れない時使える3つの呼吸法

→寝付きが悪い原因と、すぐに眠れる3つの呼吸法をご紹介しています。眠れない夜に試して、自分に合う方法を見つけてみてくださいね。

10年間不眠症の私が、たった1日で「眠れない」を改善した方法

→10年間眠れなかった筆者が、いかにして不眠を解消したのか、実践した方法をご紹介しています。

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)