benpi_main

日本美腸協会の代表理事の小野咲です。今年の汚れは今年のうちに落としましょう。2016年ももうすぐ終わり。2017年は、今年の垢を落としてきれいにして迎えたいものです。今年最後のコラムは、「腸の大掃除」です。なかなか認識できない腸の汚れ。中を見ることができたら、モップできれいにできるのになぁと、私はよく考えています。
2017年も元気に幸せに1年を送りたい方は、必見!元気になる理由も、幸せになる秘訣も、よく眠れるようになる理由も、普段見えない腸の状態を整えること。そのポイントをお伝えします。

腸の大掃除計画の3つの流れ

ご自宅の大掃除はいつですか? 今年は、一緒に腸の大掃除も行いましょう!!

ステップ①

まず、第一に行うことは、1日かけて水分をたっぷり摂ることです。これは第2のステップに行く前に必要なことです。飲み水だけで1ℓは、飲みましょう。活動量が多い方は、1.5ℓ程度。更に男性で体格が大きかったり、運動量が多かったり、仕事が体力仕事の方は、2ℓ程度飲んでも大丈夫です。
 
飲み方は、一気に摂るのではなく、200ml程度(約コップ1杯程度)にして4~5回に分けて飲むことがコツ。食事と食事の間がオススメです。

ステップ②

第2のステップは、胃腸を休めること。10時間以上空腹時間を作りましょう。一番は夜から次の日のお昼まで休ませてあげることがオススメです。夜は野菜中心の食事で20時までに済ませましょう
 
脂っこい食事やお肉などは避けて、消化によい食事を選びます。それ以降は、お茶やお水(白湯)で水分補給をするだけに留め、食べ物を摂るのは避けます。飲み物でもアルコールやコーヒーなどの刺激物は控えましょう。入浴をして、ゆっくり寝ます。そして次の日は、お昼の12時まで水分のみで過ごします。

ステップ③

第3のステップは、消化に良いものを食べることです。第2ステップのあとの食事は、野菜や和食を中心にご飯を食べ、お腹いっぱい食べることは避けましょう。特に胃腸を休めていた後の食事は、お味噌汁と軟らかいご飯、お魚やお豆、海藻がお勧めです。たくさん噛んでゆっくり食べましょう。
 
この3つの流れは、“プチ断食”ともいいますが、消化器を休めるためには効果的な方法だと思います。実際に私も、会食や飲み会が続いたときは、実践しています。一番大事なのは、3つ目のステップです。10時間以上お腹を休ませたからと言って、暴飲暴食に走ってしまうと余計に胃腸に負担をかけてしまう原因となります。
 
正しい方法で実践してみてください♪ そして、最後に10時間以上の断食をする場合は、専門家の先生に聞いて実践してください。私のお客様でも自己流に行い、痩せにくくなっている方も多くいます。食べないことは危険もあるため、しっかりサポートを受けながら実践してくださいね。

応用編!お腹にトラブルがある方の計画

便秘がちな人、下痢がちな人、腸の状況によって、何日間くらいの計画を組めばよいかということについてお話させていただきます。実は、症状が違っても根本的には腸の状態が同じと考えています。
 
具体的には、便秘の場合は腸が動いてないか、動いていてもゆっくり。逆に下痢の場合は、腸の動きが過敏で動きすぎている場合が多いのです。ですので、両方とも腸の動きを正常にすると、便秘や下痢の症状が治まる人が多いです。
 
基本的には、便秘や下痢の方は、通常の方より3倍以上も時間がかかると思っていただき、上記でご紹介したステップを最低3回は行ってください。その頻度は、最低でも1週間は開けてくださいね。

便秘がちな人の注意点

便秘がちな方は、3つの流れの1番目の水を飲む量を300~500ml程度増やしてください。さらに、ミネラルが多いミネラルウォーターを選ぶと良いです。

下痢がちな人の注意点

下痢がちな方は、水分量よりもこのお掃除をしている3日間は呼吸を意識することです。リラックスをして生活を送ってください。

今すぐ出したい!どうすれば?

便秘がずっと続いている、早く出したい!そんな方に試してほしいことです。私の体験からお話しさせていただきます。ただし1週間も出ない日が続いて、お腹が痛い場合は無理せずに病院に行ってくださいね
 
お腹の痛みもないけれど、便が3日以上出てない方に試してもらいたい方法です。実際に出た方も多いですが、出ない方もいらしたので一度トライしてみてください。
 
① 腸を動かす ②老廃物を集めて流す ③出す の3つを意識してみてください。

① 腸を動かす

腸を動かす方法は、運動が一番効果的です。30分以上の少し早歩きのウォーキングをすることです。

② 老廃物を集めて流す

水分がポイントです。300~400ml程度の水にお塩を一つまみ入れた水を一気に飲んでください。

③ 出す

腹式呼吸を10回ゆっくり行います。リラックスしながら、トイレですっきりしたイメージで呼吸をします。
 
この順番で行うと、お腹の動きがよくなり出やすくなる方が多かった内容です。体調を見ながら試してみて下さい。
 
お腹をすっきりすることで新たな気持ちになり、新しい年をスッキリいい気分で迎えることができるはず。腸をキレイにすることは、脳まですっきりすることにつながります
2017年のためにも、今年のうちにお腹にたまったものは今年のうちに出してしまいましょう!

photo:Thinkstock / Getty Images

  • 体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)