善玉菌を増やすことはお腹の調子を整えるために大切、ということはみなさんご存じのはず。「便秘にはヨーグルト!」と、多くの方が信じているかもしれません。しかし、ヨーグルトを食べているのに、便秘などのお腹の悩みが改善しないという経験はありませんか?それは、ヨーグルトにこそ、その原因があるのかもしれません。今回は、腸内バランスを保つために善玉菌を増やす方法と、腸によい乳酸菌の種類をご紹介していきます。

善玉菌増にヨーグルトより効果的なものとは?乳酸菌の基礎知識

 

腸内で大事なのは善玉菌とその他のバランス

最近、テレビや雑誌などで腸内細菌、腸内フローラという言葉を多く聞くようになりました。腸内細菌は、小腸にはほとんど存在せず、主に大腸に存在します。以前は500種類程度と言われていた腸内細菌ですが、現在では、600~1000種類の菌が解明されています。
 
腸内細菌は、
① 善玉菌
② 悪玉菌
③ 日和見菌
の3つに分けられます。
 
この3つの菌において重要なのは、菌のバランスです。そのバランスは、私たちの身体に有益なことをしてくれる2割の善玉菌、ガンや病気の発生に関わる1割の悪玉菌、そして、善玉菌か悪玉菌のどちらかの見方をする7割の日和見菌で構成されています。善玉菌が悪玉菌より少し多く、日和見菌が善玉菌のサポートしている状態が非常に重要です。
 
しかし、善玉菌の割合を保持することは、現代で困難であると言われています。それは、ストレスや食品添加物、薬が善玉菌を弱らせて、悪玉菌を強くさせるからです。知らず知らずのうちに、悪玉菌を増やし、善玉菌を腸内から減らしてしまっているのです。つまり、私たちは常に良い菌、つまり乳酸菌を摂取して補う必要があるということになります。

善玉菌UP!お腹によい乳酸菌の種類

乳酸菌とは、糖質(ブドウ糖、オリゴ糖、乳糖など)から乳糖を作る菌のことをいいます。
乳酸菌を利用して作られている食品は数多くあり、その食品は大きく2つに分けられています。
 
・植物性由来のもの
・動物性由来のもの
の2種類です。
 
実は、日本の食品に多く含まれているのが植物性の乳酸菌です。植物性乳酸菌が含まれる代表的なものは、お漬物や麹、甘酒、納豆、発酵調味料(味噌、酢、みりんなど)です。
 
一方で、動物性の乳酸菌の代表的なものは、ヨーグルトやチーズです。ヨーグルトなどの動物性乳酸菌は手軽にとれる反面、植物性乳酸菌よりも胃酸や塩に弱く、他の菌と共存することができません。一定の糖濃度でしか生息できない、いわゆる“我儘な菌”と言えます。また、ヨーグルトは乳製品なので、日本人の一部の方は腸で代謝できず、お腹を下したりする方も多いのが実際です。そして、便秘の方は特に、ヨーグルトの脂肪を消化・代謝できずに身体に貯めこみ、太る原因にもなりかねません。
 
以上のことから、腸内の善玉菌を強くするためには、植物性の乳酸菌がお勧めです。
 
善玉菌を増やそうと乳酸菌を摂り、身体によいことをしているつもりでも、乳酸菌の種類によっては実は身体や腸にとって逆効果ということもあるのです。やはり、動物性の乳酸菌より植物性の乳酸菌を積極的に摂られるほうが、私たち日本人の腸にとっても有効的であるといえます。
 
上述の通り、日本人が昔から食卓に並べてきた食材や調味料には自然と植物性乳酸菌が多く含まれています。日本ならではの食事、和食文化が善玉菌を増やすことにもつながっているのは、昔からの生活の知恵が息づいているのかもしれません。

腸内細菌にも睡眠を改善する働きがある

近年では、腸内細菌の研究が進み、様々な身体のお悩みを改善してくれるのが、腸内細菌ではないかという研究が報告されています。2012年にサッポロビールが、「SBL88乳酸菌」が睡眠に有効的に働くというラットでの研究を発表されています。
睡眠で悩んでいる方には、睡眠に効果的なよい菌を腸内にいれてあげることで、睡眠が改善されるというのは、非常に嬉しい報告だと思います。睡眠にとって、腸内環境の影響は大きいということですね。
 
最後に、ストレスが多い現代では、私たちの腸内細菌は常に戦っています。そのストレスを回避することも重要ですが、善玉菌を補い増やし、腸内細菌を味方につけることも一つです。なぜなら、強い腸内細菌を腸内に定着させるとストレスが解消できる身体が作れるとも言われているからです。
 
効果的に善玉菌を増やすために、植物性乳酸菌をきちんと補い、強い腸内細菌を整えて、仕事を効率的に、人生を豊かに過ごしていきたいですね。次回は、食物繊維についてお話させていただきます。次回もお楽しみに。
 

photo:Thinkstock / Getty Images

  • 体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)