0713_bityou_main

美腸になれば快眠も期待できることは今までご紹介してきた通りです。睡眠は身体にとって非常に重要ですが、身体を休めるためだけではなく、次の日の仕事のパフォーマンスや能力を上げるためにも大事です。
 
それは腸においても言えることです!質の良い睡眠の確保や、腸が健康で美腸であることは、継続して維持することで仕事の効率のアップ、生活の充実、健康の増進にも繋がっていくのです。今回は、腸によい「美腸生活の7カ条」をお伝えします。美腸に近づける生活が実践できているかという視点で読んでみてください。

美腸生活その1.朝起きたら、日光を浴びて、胃腸を動かすコップ一杯の水を飲みましょう!

コップ一杯の水は、常温か白湯がおすすめです。特に冷え症の方は白湯を飲みましょう。水が非常に冷たいと、身体が驚きます。胃腸を動かすための水ですが、冷たい水は逆効果になることも多いです。胃で温めようとするために血液が一気に胃に集まってきて腸の動きが弱くなってしまったり、過剰に動きすぎてしまったりするのです。
 
お水を飲んだら、日光を浴びることもお忘れなく。自律神経が整ってきます。

美腸生活その2.朝食は必ず食べましょう!

ご飯にお味噌汁におかず2品のようにしっかりは食べなくても大丈夫です。ただ、朝はビタミンやミネラルを意識して、生野菜や果物は積極的に食べることで美腸に近づきます。ギリシャヨーグルトや朝のヨーグルトが話題になっていますが、ヨーグルトだけよりフルーツも一緒に召し上がっていただくことがおすすめです。
 
夜のうちにヨーグルトの中にドライフルーツを入れておくと、朝食べるころにはヨーグルトに固さが出てギリシャヨーグルトのようになります。お腹いっぱい食べるより、美腸のためには「胃6割くらい」がおすすめです。胃がいっぱいになると朝のお通じの時間が遅くなるケースがあるからです。

美腸生活その3.トイレに座りましょう!

朝は忙しい場合が多いと思いますが、そんな時こそトイレに座る時間を5分でも作ってください。忙しいからと言って、強くいきむのはお尻の肛門に負担をかけます。トイレに座って深呼吸を10回程度することが理想です。自宅のトイレが難しかったら、職場や職場の周りのカフェなどのトイレなどでもいいです。身体は朝に便を排泄するようにできているため、便意がなくても朝の時間はトイレに座ってみてください。習慣が身体を変えてくれます。

美腸生活その4.食事は空腹を感じたら食べましょう!

「そろそろ食べる時間だから、食事をしないといけない」と食事を摂っていませんか?空腹を感じていない状態は、まだ消化途中のサインかもしれません。胃が空になっていない状態、つまり消化途中での食事は、胃にものを押し込んでいる状態。消化もうまくできずに、胃腸に負担をかけてしまいます。ですから、「お腹がすいたな」と思ってからお食事を摂ることがおすすめです。

美腸生活その5.1日のうちでリラックスする時間を作りましょう!

一番おすすめは、ゆっくりお風呂に入って身体を温めることです。入浴は、リラックス効果もあり、睡眠導入にも良いといわれていますが、美腸にも非常に効果的。特にこれからの時期の冷房で冷えた身体には必須です。暑いからとシャワーで終わらせず、身体の深部から温めてくれる入浴をぜひ行ってください。
 
更に、入浴時に美腸効果を高めたい方は、アロマオイルやお腹のマッサージなども取り入れてみてください。マッサージは次回、ご紹介します。

美腸生活その6.寝る時間の3間前までに食事を済ませましょう!

夜に摂るとよい美腸におすすめの食品は、「発酵食品」です。ただ、夜の食べる時間は気を付けてください。食べてすぐに寝る状態は、消化を遅らせ、腸の動きを弱くさせます。
 
少し空腹を感じて寝るくらいが非常にベストです。寝ている間に腸がよく動くことで、次の朝の快便につなげることができるからです。

美腸生活その7.腸のゴールデンタイム24時には寝ましょう!

腸にもお肌と同じようにゴールデンタイムがあります。24時よりも前に寝ることで腸がしっかり休み、次の日の腸の状態をよくする回復時間になるので、お肌のためにも美腸のためにも早めに就寝しましょう。
 
皆様、いかがでしたでしょうか?
 
ぜひ、美腸のための生活を意識して過ごしてみてください。腸の状態がよいと日常生活をよりエネルギッシュに、仕事もパワフルにできると思います。
 

photo:Thinkstock / Getty Images

  • 体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)