空を飛ぶ夢を見たことはありませんか?変わった夢を見ると、その夢の意味や、心理状態はどうなんだろうと気になってしまいますよね。そこで、夢占いについて多くの著書を持つ占い師のマリィ・プリマヴェラさんに、「空を飛ぶ夢」に込められた意味や深層心理などについて聞いてみました。

20160610_sorawotobuyume_main

 

「空」は今のあなたの「心」を表す

 

マリィ・プリマヴェラさん(以下マリィさん)によれば、夢占いにおいて、空は心を表しているといいます。例えば、夢で見た空が雲一つない澄み切った青空だった場合、それは自分の心も澄み渡っているということ。逆に、曇り空や雨空だった場合は、物事が滞りがちな状態であるとか、近い将来そうなるという未来への暗示として解釈するそう。ただ、曇り空や雨空だから悪い夢なのかというと、一概にはそうとも言えないそう。

 

「ズバリ、『どんな気分で飛んでいたか?』によって、その意味も変わってきます。先ほどお話ししたように、空は今のあなたの気持ちをそのまま映していますが、例え曇り空であっても、その中を気持ちよく飛んでいたのなら吉夢。逆に、青空であっても飛ぶことを怖がっていたり、飛び方が不安定な場合は、凶夢、もしくは何かを警告している夢といえるでしょう」(マリィさん)

「空を飛ぶ夢」から読み取れる3つの意味

 

では、「空を飛ぶ夢」を見た場合、その夢自体は何を意味しているのでしょうか。マリィさんによると、夢占いにおいて「空を飛ぶ夢」には次の3つの意味があるとのこと。見る人の状況や夢の中での飛び方によって、異なる意味になるようです。

 

●自分の実力を試してみたい、高みを目指したい気持ちの表れ
「空を飛ぶ夢」が意味することとして最も代表的なのが、向上心の高まりや、成長したいという強い気持ちの表れです。もし、飛んでいるときに墜落してしまったり、誰かに邪魔をされたりした場合は、自分の成長や計画していることが失敗することを恐れている暗示です。また、夢の中で飛んでいるあなたの足を引っ張る人がいれば、それは現実でも障害となっている人、壁となっている人がいる証。その人との付き合い方を見直してみる必要があるかもしれません。

 

●自分を縛っている何かから逃れたい、自由になりたいという気持ちの表れ
どこに着陸するわけでもなく、空中を行ったり来たりする夢を見た人は、今の状況から抜け出したいという欲求を抱えています。気持ちよく飛んでいる場合は、チャンスが到来する兆しなので、そうしたポジティブなイメージを夢の中で意識することで、気持ちが整理されるかもしれません。

 

●セックスに対する欲求不満や恐怖心の表れ
うまく飛べない夢を見た場合は、セックスに対する警戒心が高まっていると解釈できます。また、異性と一緒に空を飛んでいた場合は、性的な関心が高まっている状態です。羽目を外した言動には注意が必要かも。

 

「占いは、とてもパーソナルなものです。取り巻く状況は一人ひとり違うので、『空を飛ぶ夢を見たから私はこうなんだ』と決めつけることはできません。でも、夢では自分の気持ちに嘘はつけないもの。だからこそ、素直な不安や悩みが表れるんです」(マリィさん)

 

“嘘がつけない”夢を分析することで、自分の深層心理を少しでも知ることができるかもしれません。隠れていた悩みや問題に気づくため、夢をヒントに自分の心を見つめ直してみるのはいかがでしょう?

 

監修:占い師 マリィ・プリマヴェラ

 

==== 編集部が1記事ずつ選んだオススメ記事 ====

悪夢にうなされて不眠気味。 悪夢を見なくてすむコツを試してみた

→悪夢を見ないコツがある!?その効果を検証するため、いくつかコツを試してみたレビューと結果をご紹介しています。

「殺される夢」「人を殺す夢」は吉夢?夢の意味と深層心理

→「殺される夢」と「殺す夢」から読み取れる深層心理とは?占い師のマリィ・プリマヴェラさんに伺いました。

悪夢で不眠気味。 ストレス解消にも役立つと噂の夢日記をつけてみた

→不眠の際に試してほしい「夢日記」の方法を紹介しています。

【夢日記で思考整理】これは夢だ!と夢の中で気づく明晰夢のコツ

→自分でコントロールできる夢である「明晰夢」を見るために、夢日記をつけてみた体験記です。

心身ともに疲弊気味?「幼少期に戻る夢」は現実逃避のサイン

→なんだか最近幼い頃の夢を見る…そんな時は心身共にお疲れのサインかもしれません。

photo:Thinkstock / Getty Images

  • 体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)