160413_shigaisen_main

 

春の暖かな陽気に、だんだんと日ざしが強くなるこの時期。日焼け防止のため、日光に当たらない生活を意識する人が多いのではないでしょうか。中には、日傘をさし、サングラスをかけて完全防備という人もいますが、実は過度に日光を避けると、睡眠の質を下げ、身体的・精神的にも悪影響を及ぼしてしまう可能性が。日光を上手に取り入れて、健康的に過ごすコツをまとめました。

日光と体内時計との関係

 

人間は日光を浴びることで身体に備わっている「体内時計」を整え、生体リズムを調整しています。朝に光を浴びることで日中は心身ともに活発に、夜に眠くなるという生活サイクルが生まれます。朝はなるべく外に出て日光を浴びるようにし、部屋の中にいる場合は、カーテンは締め切ったままにせず、室内に光を入れるようにしましょう。

 

サマータイムが悪影響!?季節が変われば睡眠リズムも変わる
「概日リズム睡眠障害」になりやすい人とは?

 

日光を浴びないとうつ病につながる!?

 

適度に日光を浴びないと睡眠の質が低下し、睡眠不足・過眠気味になります。また、ひどい場合にはうつ病の症状も出やすくなります。病院でも、うつ病の改善に光を浴びる治療(高照度光療法)が取り入れられており、「目が光の明るさを感じる」ことが重要とされています。

 

もちろん肌は日焼けしないように衣服で覆ってOK。しかし、目は光を感じるようにしましょう。紫外線は目に悪影響を与える可能性があるため予防した方がよいですが、サングラスをかける場合は、UVカット効果のある透明に近い色のレンズを選びましょう。

 

日光を浴びると、紫外線が肌に悪影響を与えるのでは? 「冬季うつ病」は改善したいけれども日焼けはしたくない…という場合はどうしたらよいでしょうか?
冬に気分が落ち込んでいるとき、日光を浴びるのが効果的なのはなぜですか?
「冬季うつ病」の改善には、どの程度の光を浴びると良いですか?

 

ブルーライトは身体に悪いものではない!

 

パソコン・スマホのディスプレイから発せられるブルーライトは、身体に悪いものと思われがち。でも、日光にも含まれている光で、自然界で身近に存在しています。

 

もちろん、夜眠る前のブルーライトは脳を覚醒させる作用があるので避けた方がよいですが、朝はブルーライトが目に入ることで、心身ともに活動的になります。すっきりとした目覚めのために上手に活用してみてはいかがでしょうか。

 

実は睡眠の味方!? あのブルーライトで快眠を導く方法
朝なかなか起きられないのですが、すっきりと目覚める方法はありますか?
一億総スマホ依存時代。不眠を防ぐ「スマホデトックス」のススメ

 

  • 体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)