news_160219_560

 

外出先のホテルだと枕がいつも使っているものと違うなど、睡眠環境の変化でなかなか眠れず、いっそ眠るのをやめちゃいたい…と思うこと、ありませんか? そんな眠れない人たち・フミナーズのホテルライフを変えてくれそうな都市型ホテル「HOTEL the M INNSOMNIA akasaka」が3月15日に東京・赤坂にオープン。同ホテルのコンセプトは、「眠らない(宿泊施設がメインではない)ホテル」。これって、まさに眠れないフミナーズにぴったりのホテルかも?

一晩眠らず、自由に過ごしてみよう!

 

24時間眠らないホテルとは、いったいどんなホテルなのでしょうか? 「HOTEL the M INNSOMNIA akasaka」を手がけるソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ広報の増井さんにお話を伺いました。

 

「名前の『INNSOMNIA』は、『INN(小さなホテル)』と『INSOMNIA(眠れない人)』という単語を組み合わせています。ビジネスの中心地であり、繁華街もあって夜の街としての顔も持つ赤坂は、いわば24時間眠らない街。そんな赤坂を訪れる方々がホテルに求めるのは、必ずしも眠りだけではありません。そこで、眠らない赤坂の街にふさわしい『眠らないホテル』をつくることにしたんです」(増井さん)

 

赤坂という土地柄、ビジネスマンや海外からの観光客が多いため、メインターゲットを20〜40代前半の男性に設定。彼らはホテルに何を求めているのでしょうか?

 

「ホテルに泊まるといっても、仕事で夜通し働く方もいれば、せっかく来たのだから一晩中遊びたいという方、友人とおしゃべりしながらリラックスして過ごしたいという方など、そのニーズはさまざま。また、海外のビジネスマンにはジムでのトレーニングを日課にしている方も多くいらっしゃいます。そんな多様化するライフスタイルに合わせて、使い方を限定せずに『都会の自由時間』を提供するのが『INNSOMNIA』なんです」(増井さん)

眠るのがもったいない! 充実した空間

 

一晩の「都会の自由時間」を提供するために、同ホテルには普通のホテルとは異なる趣向が凝らされています。「通常のゲストルームのほかに、ライフスタイルを切り口にした3つの特別ルームをご用意しています」と増井さん。その3つとは…

 

  • ●「WORKAHOLIC

高級オーディオで有名なスコットランドの「リン」社の音響設備やミーティングテーブルを備えた空間。時間に縛られずに海外のクライアントとミーティングするなどといったビジネスユースはもちろん、迫力の大画面で映画やスポーツなどを朝まで鑑賞するといったプライベートでの利用も楽しめます。(1時間1万円。要予約、宿泊者以外も利用可)

news_160219_560_2

 

  • ●「KICTHEN DRINKER

ドイツ最高峰のシステムキッチン「ブルトハウプ」を備えたパーティー空間。最大10名まで入れる空間で、仲閒同士で飲み物や食べ物を持ち寄って、ホームパーティーのようなくつろぎの時間を過ごせます。(1時間1万円。要予約、宿泊者以外も利用可)

news_160219_560_3

 

 

  • ●「MUSCLE PAIN

スタイリッシュなイタリア「テクノジム」社の運動器具がそろうトレーニングルーム。宿泊者は誰でも最高のマシンが24時間無料で使えるので、毎日トレーニングしたい人はもちろん、眠れないならいっそ思いっきり身体を動かしたいという人にもおすすめです。

news_160219_560_4

 

 

どの設備も最高ランクのものをそろえているのがポイント。自宅では体験できない、ホテルならではのラグジュアリーな時間が過ごせます。眠るなんてもったいないですね! さらに、宿泊すれば、京都発のコーヒーブランド「ウニール」の淹れたてスペシャルティコーヒーが24時間いつでも無料で飲めるので、眠りたくない人にとっては最高の環境です。

news_160219_560_5

 

 

ホテルで特別な日常を楽しむ

 

寝るだけだからと適当にホテルを選ぶのではなく、日常の延長としてホテルでの滞在を楽しんでいただきたい」と増井さん。

仕事も、遊びも、身体作りも休まない。赤坂を訪れる人のさまざまなニーズに応え、一晩の眠りの代わりに「自由時間」を提供する「HOTEL the M INNSOMNIA akasaka」。自宅とはひと味違う特別な時間を楽しむことは、心身のリフレッシュにもつながりそうです。眠ることではなく滞在することがメインになるホテルは、今後都市部を中心にさらに広まっていくかもしれませんね。眠れないフミナーズのみなさん、いっそのこと一晩眠らないと決めて、充実した時間を過ごしませんか?

 

  • 体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)