news_160217_560

 

寒くてなかなか眠れない冬は、眠る前に温かいお風呂に入るのが気持ちいいですよね。不眠に悩むフミナーズにとっても、入浴は心地よい眠りに導いてくれる方法のひとつ。ところが、冬の入浴は実は危険な一面も。一歩間違うと死につながりかねないかも…!

年間約17,000人も急死!? 入浴中の事故“ヒートショック”

 

湯船で長時間身体を温めた後、寒い脱衣所に出たとたん急に立ちくらみが…実はこれ、“ヒートショック”と呼ばれる健康被害のひとつです。
ヒートショックとは、急激な温度差によって血圧の急上昇・急降下を引き起こし、心臓や脳に大きな負担がかかって身体がショック状態になる症状
暖かい場所にいることで血管の拡張とともに下がった血圧が、急に寒い場所に移動することで一気に上がる、または寒い場所にいて上がった血圧が急に暖かい場所に移動することで一気に下がり、脳や心臓に瞬間的に大きな負担がかかってしまう仕組みです。
裸の状態で温度変化の影響をダイレクトに受けてしまう浴室や脱衣所などは特に注意が必要です。

 

「ただの立ちくらみだから」と見過ごしてしまうと危険。ヒートショックによって、失神、心筋梗塞、不整脈、脳梗塞など深刻な症状が引き起こされることも。「東京都健康長寿医療センター」の報告によると、2011年は年間約17,000人もの人々がヒートショックに関連した入浴中の症状で急死したと推計されているのだとか! 過去3年間の警視庁の報道発表資料によると、交通事故死亡者数は年間約4,300人なので、その数と比較しても、ヒートショックは身近に起こりうる注意すべきものということが分かります。

 

特に以下の項目に当てはまる人は、立ちくらみ程度の軽い症状にとどまらず重度のヒートショックに陥る危険が高いため、要注意。

 

【ヒートショックの影響を受けやすい人】
・65歳以上の高齢の人
・高血圧、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病を抱えている人
・肥満気味の人

ヒートショックは冬場が圧倒的に多く、1月の発生率は8月の11倍とも。まだまだ真冬並みの寒い日が訪れるこれからの季節も、油断しないようにしましょう。

血圧の急激な変化を抑えて入浴時の事故予防を!

 

ヒートショックを招かないためには、血圧の急上昇・急下降を防ぐことが一番の予防策。そのための対策を紹介します。

 

【今すぐできる対策】
・食事直後や飲酒後の入浴は避ける
食後1時間以内や飲酒後は血圧が下がりやすい状態のため、時間を空けてから入浴を。
・シャワーでのお湯はり
寒い浴室からいきなり熱い湯船に入ると急激な血圧低下を招いてしまうため、浴室全体の室温を上げておく必要があります。シャワーで高い位置から浴槽へお湯をはることで、浴室全体を暖める効果があります。
・脱衣所に暖房器具を
入浴前に脱衣所を暖めて、浴室・脱衣所・部屋の温度差を少なくしておきましょう。
・湯船に入る前にかけ湯を
心臓から遠い手足などの末端からかけ湯をすることで、身体を少しずつ温めます。
・湯船に入るときは足からゆっくり、出るときもゆっくり身体を出す
温度差で身体に負担がかからないよう、ドボンと湯船につからずゆっくりと出入りしましょう。
・湯船の温度は41℃以下がおすすめ
熱いお湯につかると血圧の急降下で失神してしまう可能性が高まり、浴槽で溺れる事故につながります。湯船の温度は熱すぎない41℃以下にしましょう。
・入浴の前後はしっかり水分補給
体内の水分が不足することで血流が悪くなり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす場合があります。入浴中はたくさん汗をかくため、入浴前後にはコップ1杯程度のお水を飲みましょう。

 

【今後考えたい対策】
・脱衣所・浴室の断熱改修など
高齢になると、特に持病がなくてもヒートショックの影響を受けやすくなります。自宅の脱衣所や浴室が寒すぎる場合には、将来的には内窓の設置、浴室をユニットバスへ改修する、浴室専用の暖房器具を使用するなど対策を考えるのもおすすめです。

 

冬場の入浴に、「スムーズに寝るために早く熱いお湯で温まらなきゃ」という焦りは禁物。急激な血圧変化を招かないよう十分注意しながら、温かい湯船の中でホッと一息つく時間を楽しみたいものですね。

 

  • 体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)