news_1127_560

 

「不眠症に悩んで病院へ行ったところ、漢方を処方された」なんてことを経験したことがある人もいるのではないでしょうか。「漢方は不眠の根源に直接働きかけてくれるんです」と話してくれたのは、漢方医療を専門にする「イシハラクリニック」副院長の石原新菜先生。今回は石原先生に、漢方を用いた不眠の改善方法について、うかがいました。

 

漢方が不眠の大敵「冷え」を撃退してくれる!?

 

そもそも「漢方」って一体なんなのでしょう? 何にどう効くのかが、捉えにくいイメージがありますが…。

 

「漢方には2つの大きな特徴があります。1つは、身体の『冷え』の解消を重視していること。『冷えが病を生む』という中国古来の考えのもと、ほとんどの漢方薬には身体を温める作用があります。もう1つは、一人ひとりの心と身体の状態を総合的に診る治療法であること。たとえば、肩こりの症状でもその原因はさまざま。ストレスによる緊張が原因となっている人には、神経の高ぶりを抑える漢方などを処方します。症状を緩和する目的のみの治療(対症療法)ではなく、体質からの改善を目指す治療(原因療法)のため、自分が気づいていなかった症状まで良くなるケースもあるんですよ」(石原先生)

 

石原先生によれば、この2つの特徴は睡眠の悩みを克服するうえで非常に有効なのだとか。

 

不眠の原因は『冷え』であるケースが多数。冷えは血行不良を起こし睡眠を阻害します。だから身体を温め、冷えを解消して病を治すという漢方の手法は、睡眠の改善に適しているんです。
また不眠は、冷えのほか、ストレスやうつ、更年期など、人によってさまざまな要因が関係しています。つまり『不眠にはこの薬』という万能薬はありません。
漢方は人それぞれの生活スタイルや精神状態などを総合的に診て、その人の不眠の原因にあった薬を処方します。例えば、ストレスが原因となっている場合でも、イライラする、落ち込む、など人によって反応が違うもの。その人にあった漢方を処方することで、根本的に快眠できる体質へと導くことができます」(石原先生)

 

漢方の薬は、専門医の処方&アドバイスが不可欠

 

最近ではドラッグストアなどでも扱われるようになり、手軽に入手できる存在になった漢方。しかし石原先生は、「漢方の知識が無い方が安易に選ぶのは、あまりおすすめしません」と話します。

 

「漢方はそのときの体調や精神状態によっても処方内容が変わるオーダーメイドの薬です。そのため、体力が落ちているときに効力の高い漢方を選んでしまうと、逆に体調が悪化する可能性もあります。たとえば、風邪のひきはじめに飲むと良いとされている葛根湯ですが、胃腸が弱っている場合は内蔵に負担がかかってしまうことも」(石原先生)

 

また、市販の漢方は高額なので、漢方専門のクリニックを上手に利用するのがよいとのこと。
夏に寝つきが悪くなる人は要注意!? 「冷え」が及ぼす睡眠への悪影響とは
「漢方専門のクリニックでは通常、病状に合った漢方の処方はもちろん、漢方がよりよい効果を発揮するための、生活改善のアドバイスも行います。また、クリニックなら保険が適用される場合が多いので、意外と手頃な価格で入手できます」(石原先生)

 

市販の睡眠薬で不眠の症状が改善しない場合は、漢方医に相談してみるのも一つの手。不眠だけでなく、気づいていなかった身体の不調そのものが改善できるかもしれませんね。

 

眠れないときには野菜ジュース? 『ファスティング』で睡眠の質を上げる方法
足の裏に原因が!? 眠れない人が持つ足裏3つの特徴
夏に寝つきが悪くなる人は要注意!? 「冷え」が及ぼす睡眠への悪影響とは

 

監修:石原新菜(イシハラクリニック副院長)

 

photo:Thinkstock / Getty Images

  • 体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)