20150716_news

暑いのに、手足がなんだか冷たい……。そんな夏の「冷え」を感じている人も多いのではないでしょうか? ウーマンウェルネス研究会が2014年に実施した調査によると、日常に感じている身体の不調を「冷え性」と答えた369名のうち、約9割の331名が、夏も冷えを感じていると答えています。

「冷え」と「血めぐりの悪さ」の負のスパイラルが起きている!?

川嶋先生によると、そもそも私たちが感じる冷えとは、「体内の“血めぐり”との密接な関係によって引き起こされる不調」なのだそうです。
「体温は血流によって保たれているため、血めぐりが悪くなれば身体は冷えてしまいます。一方で、体温が低くなると血液粘度が上昇、すなわち血液は“ドロドロ”の状態になります。つまり血めぐりが悪くなることで冷えが起こると同時に、身体が冷えているから血めぐりが悪くなるともいえます。どちらが先でも、一度冷えがはじまってしまうと血めぐりは悪くなり、さらにどんどん身体が冷えるという負のスパイラルに陥ってしまうのです」
そんな身体の冷えを男性より女性の方が感じやすいのは、基礎代謝の差によるものだといいます。
「熱産生の7割は基礎代謝、基礎代謝の3割は筋肉が司っています。女性は男性に比べて筋肉量が少ないため、どうしても冷えを感じやすいのです」
また、冷えを手足から感じるのは、身体の防衛本能が働いているためだとか。
「身体はまず重要な臓器を守ろうとします。そのため、内臓に血液を送りこもうと末端の血管が収縮し、手足から冷えていきます。その結果、筋肉に酸素が行き渡らなくなり、肩こりなど局所の重みや痛みを感じるようになります。しかし、冷えの怖さはそれだけにとどまらないところ。血めぐりと関係するということは、血液によって行われるすべての生体活動に関係するということです。不調のみならず、やがてはさまざまな『病気』の原因になる可能性があります」
そんな冷えの対策は、実は夏こそ重要なのだそう。
「身体が自ら必要なエネルギーを作り出している冬に比べ、実は夏の方が基礎代謝が落ちた状態になっているんです。ところが、夏はさらに薄着でエアコンに当たったり、冷たい食べ物や飲み物をたくさん摂ったり、冬場よりも身体を冷やす行為を積極的にしてしまいますよね。そのため、私たちは気づかないうちに身体を冷やしてしまっているのです」

寝つけないのも、身体が冷えているせい!?

冷えが招く不調のひとつに、寝つきへの悪影響があることもわかっています。
「スムーズに寝つくためには、身体の中心の熱を手足など末端から放出することで体温を下げ、身体を“おやすみモード”に切り替える必要があります。しかし、手足が冷えた状態だと、血管が収縮したまま熱の放出が行われない状態となってしまうのです」
そんな寝る間際の冷え対策の一番簡単な方法は、ズバリ「ぬるめのお風呂に入ること」。
「40度を下回るお湯に30分間程度浸かると、体温はゆっくり上昇していきます。すると血管が開くだけでなく、自律神経が副交感神経に切り替わり、リラックス効果も得られるんです。さらに、炭酸の入浴剤を入れるとより良い効果が期待できます。炭酸が皮膚にはりつくことで、皮膚が酸欠状態となって血管が開くためです。一方で、熱いお湯は逆効果です。急激に温まると、お風呂を出たとたん、すぐに湯冷めしてしまう。熱いお湯で交感神経も活発になり、血管も縮んでしまって、身体がおやすみモードに切り替わらなくなってしまいます」
ぬるめのお湯の目安は、「汗をほとんどかかず、いつまでも入っていられると感じられる温度」。さらに根本的な改善をはかるためには、日常的な行動からも見直しをする必要があると川嶋先生はいいます。
「日常的にも身体を冷やさないことを心がけると同時に、基礎代謝を上げることが必要です。基礎代謝は筋肉量によって決まるので、身体に適度な筋肉をつけることが重要。そのためには、日ごろから身体を温めるために意識して行動する“温活”を取り入れていきましょう」
また、川嶋先生いわく、身体を冷やさない夏の格好として、おなかや腰、肩、手首・足首を露出しない“バカボンのパパ”のスタイルは理想的とのこと。特に、内臓を冷やさないための『腹まき』はオススメだそうです
暑くて眠れないから……といって、ついガンガンにクーラーをかけてしまっていませんか? 夏に不眠を感じている人は、必要以上に身体を冷やし過ぎているかもしれません。一度環境や生活を見直し、上記のような対策をとってみてはいかがでしょうか。
=====
監修:川嶋朗
東京有明医療大学保健医療学部鍼灸学科教授、東洋医学研究所付属クリニック自然医療部門担当、日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本統合医療学会理事、医学博士。『心もからだも「冷え」が万病のもと』(集英社新書)など著書多数。近著に『健康法で死なないための42のカルテ』(水王舎)。

写真:Thinkstock / Getty Images

  • 体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)