山口恭子さん

年齢を重ねると気になってくる、見た目のエイジングサイン。肌のハリや髪のコシなど、女性として気になる部分は増えるのに、仕事や家事に忙しく、美容にかける時間がなかなか取れないというのが本音ではないでしょうか。
 
そんな忙しい大人の女性にこそとり入れてほしいのが、「睡眠美活」。実は、眠りには「内側から女性を美しくするチカラ」があるのです! 眠りでキレイになる方法「睡眠美活」について、睡眠によるエイジングケアの情報を発信する「美sleep.jp」の山口恭子さんにお話を伺いました。

エイジングケアのために必要なこと

山口恭子さん

ーー まずは、年齢を重ねることで見られるエイジングサインにはどのようなものがあるのか教えていただけますか。いつごろから、どのようなサインが現れはじめますか?
 
「見た目で気になるのは、肌と髪ですね。肌について気にされる方が多いのは、シワやたるみ。30代になると乾燥やキメの乱れが気になり始め、40代以降になるとシワやシミ、たるみが気になるといった声をよく聞きます。髪の場合は、30代後半から髪の毛が細くなってきてハリやコシのなさが気になるようになり、進行すると抜け毛や薄毛に繋がります。あとは白髪。苦労しているような印象を与えてしまったり、生活感が出てしまったりするので、とくに気にされる方が多いですね」
 
ーー 30代になるとエイジングサインが出はじめ、気になる人も増えてくるというわけですね。若々しさを保つためには、どのようなエイジングケアが有効でしょうか?
 
「食事、運動、睡眠の3つを大事にしてほしいです。年齢を重ねるからこそ、特別なことではなく基本的なことをしっかり行うことが大切なんです。バランスの良い食事を規則正しく摂り、日常的に続けられる運動をとり入れ、しっかりと眠ること。忙しい現代の女性は、これを意識するだけで肌のハリや髪のツヤなどが回復し、立派なエイジングケアができます。とくに睡眠は、若々しさを保つうえで、手軽で有効な手段なので今すぐ見直してほしいですね」

エイジングケアについて語る山口恭子さん

ーー なかでも睡眠がエイジングケアにとくに有効というのはなぜなのでしょうか?
 
「“成長ホルモン”をご存じですか? これは別名“若返りホルモン”とも呼ばれていて、日中に受けた身体のダメージを修復する機能があります。そしてこの“成長ホルモンの分泌が最も活発になるのが、睡眠中なんです。忙しくて時間がないと、食事をゆっくり摂ったり運動をしたりして毎日十分なケアをするのは難しいことがありますが、もともととっている睡眠の質を上げる、ということなら手軽に取り入れられますよね。誰もがもっている眠りの時間を利用してキレイになること、私たちはこれを『睡眠美活』と呼んでいるんです」
 
ーー 睡眠美活は「眠るだけ」とのことですが、エイジングケア効果を高めるためにほかに必要なことは何ですか?
 
「質の良い睡眠を心掛けることがポイントですね。成長ホルモンは、入眠直後から3時間の間に多く出るんです。なかでも最初の90分に最も多く分泌されると言われているので、スムーズな寝付きと、深い眠りを得ることがエイジングケアには不可欠だと思います」

マンダムが睡眠に注目した理由とは?

マンダムが睡眠に注目した理由を語る山口恭子さん

ーー 「睡眠美活」とは、眠りのチカラで美しくなる美容法だということが分かりましたが、そもそも、化粧品会社であるマンダムが、なぜ「睡眠」に着目したのでしょうか?
 
「2010年にマンダムの新商品開発のプロジェクトチームが発足されたのが始まりです。当時、数多くのアイデアを出していくなかで“無理なく続けられる”という観点から『睡眠時間を活用してキレイになれる“寝ながら美容”という考え方はどうだろう』という案が出て、『これは面白いね』と注目が集まりました。当時は眠りが美容に結びつく、という考え方があまり浸透していなかったので、ここにヒントがあるのではないかと考えたんです」

マンダムの理念について語る山口恭子さん

ーー マンダムというと男性化粧品のイメージが強いのですが、女性の美、それもエイジングケアに着目したのには理由があるのでしょうか?
 
「睡眠について調査を進めていたところ、40代の女性が世界でも1、2を争うほど睡眠時間が短い年代だということがわかりました。40代って仕事や家事、育児と忙しい一方で、疲れやすくなるなど身体の変化を感じたりする年代でもありますよね。同時に、40代の女性はとくに『やっぱりキレイでいたい』と思っているという美に対する意識についての結果も出たんです。だから、誰しもがとる睡眠の質を改善し、十分な疲労回復をすることで見た目のケアができる“睡眠美活”を提唱しはじめました」
 
ーー 元気で美しくあるために、誰もが取り入れやすい睡眠を活用する。「美と健康を通じ、快適な生活にお役立ちする」という、マンダムの企業理念ともぴったりですね!
 
「そうですね。企業理念は2017年の4月に『私たちマンダムは、健康と清潔と美を通じて、奔放に大胆に、あなたの日常を発見と感動で満たす「人間系」企業です』へ変わったんですが、おおもとには“美と清潔と健康があり、これによってお客様に喜んでもらいたい、お役立ちしたい、という気持ちは変わりません。現在、美育枕という“睡眠美活アイテム”を販売しているのですが、『化粧品会社が枕を手掛けているのはなぜ? マンダムは面白い会社だ』と思っていただけたらいいな、という気持ちが強くあります」

金鶴香水の香水瓶

創業時の社名は、「金鶴香水株式会社」。現在では男性化粧品を代表するマンダムですが、意外にもその歴史は女性向けの香水から始まったそう。「これまで弊社があまりお役立ちできていなかった大人の女性の力になりたいという思いも、睡眠美活提唱に繋がった」と、山口さんは言います。

今夜からできる「睡眠美活」|眠りで美しくなるための習慣

頭筋ストレッチクリームと美育枕

ーー 「睡眠美活」で最も重要なのは「睡眠の質を高めること」とのことですが、具体的な方法を教えていただけますか?

入浴

「入浴は質の良い眠りのための準備としてとても重要。人間は体温が下がったタイミングで自然な眠気がくるようになっているので、あえて体温を上げるために、入浴は必要なんです。シャワーだけで済ますのではなく、38℃~40℃ぬるめのお湯をはった湯船に30分程度ゆっくり浸かるのがベスト。体温は入浴後2時間ほどかけてゆっくり下がっていくので、就寝2~3時間前に入るのが理想です」

ストレッチ&頭皮マッサージ

「眠る前にストレッチなどの軽い運動をすると、筋肉がほぐれ、身体がリラックスします。リラックスすると、自然な眠気がおきやすく、寝付きがよくなるので、深く眠れるようになりますよ。あと、入浴中に頭をマッサージするのもおすすめです。日中、身体の中でも特に頭は酷使されている場所で、カチカチに凝ってしまいがち。ここをほぐすと心身ともにリラックスしやすくなるため、快眠に繋がるんです」

頭筋ストレッチクリーム

バスタイムの頭皮マッサージには、「頭筋ストレッチクリーム」がおすすめ。爽やかなハーバルフローラルの香りに包まれながら頭皮をほぐすと同時に、髪のトリートメントまでできる優れもの。忙しい女性にぴったりの睡眠美活アイテムです。

 
ーー 入浴中にクリームを使うセルフヘッドスパって、とっても気持ちよさそうですね。「睡眠美活」を行ううえで、ほかに重要なことはありますか?
 
「きちんと寝返りがうてる睡眠環境ですね。人は眠っている間、一晩に20回から30回ほど寝返りをうつといわれていて、血液循環や布団の中の温度調整など大切な役割があるんです。この役割が果たせているかどうかが睡眠の質を左右するので、枕やマット、布団といった寝具の硬さや素材はきちんと選んでほしいですね。眠りのために重要なのはリラックスをすることなので、ご自身の好みのものを使っていただくのがよいと思いますが、起きた時にスッキリ目覚められているかどうかを基準にしてほしいです。とくに、枕は重要ですね」
 
ーー 枕と「睡眠美活」にはどのような関係があるのでしょうか?
 
「枕を使わなかったり、高い枕が好みだったりする人もいると思うのですが、枕が合っていないと、首に大きな負担がかかってしまいます。睡眠時に身体に負担がかかってしまうと、夜中に目が覚めてしまうなど、睡眠の質が下がってしまい、十分な疲労回復ができません。人間は立っている姿勢で眠ることが最も負担が少ないといわれているので、それに近い姿勢で眠れる枕を使ってほしいです」

美育枕

「睡眠美活」をサポートするために2013年に誕生したのが、「美育枕」。人が自然に立った時の首のラインであるS字カーブを保つことができる「ネックケアフォルム」を採用し、意識だけで直すことが難しい寝姿勢を理想のカタチに導きます。

忙しい現代女性こそ、睡眠美活でラクしてキレイに!

睡眠美活について語る山口恭子さん

ーー 山口さんご自身も睡眠美活に積極的に取り組んでいると伺いましたが、効果や変化は感じられましたか?
 
「私がこの部署に来たのがちょうど5年半ほど前。当時はまだ子どもが小さく、夜中に必ず3時間ごとに起きないといけないという感じで、ボロボロだったんです。でも睡眠美活を意識するようになって、美育枕を使い始めたら睡眠の質が上がって、気持ちも元気になったし肌の調子も上がりました。最近では子どもの寝相の悪さくらいでは目が覚めないくらい、ぐっすり眠ってます(笑)。私にとっては睡眠時間が唯一の自分時間なので、これからも大切にしていきたいですね」
 
ーー 今日はありがとうございました! 最後に、エイジングケアに取り組む女性へ向けて、メッセージをお願いします。
 
「睡眠美活は誰でもできるし、無理しなくてもできるもの。忙しい女性こそラクしてキレイになってほしいです。また、睡眠美活を行ううえで最も大事なことは、いかにスムーズに“眠りモードになれるか”ということ。眠る前の準備がきちんとできていれば良い眠りに繋がるから朝もすっきり起きられますよね。自分が心地よくなる方法を取り入れて、ぜひ眠りを美容時間にしてもらえたら、と思います」
 
株式会社マンダムの睡眠美活「美sleep.jp」はこちら↓

美sleep.jp

美sleep.jp

  • 体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。

【睡眠美活特集】とろける眠りで夢を叶えるエイジングケア

→見た目の年齢が気になりはじめ、いざケアをはじめても、なかなか続かないもの。美しく年齢を重ねるための情報をお届けします。

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)