トイレの夢は金運UPの兆候?夢が自分に送るメッセージとは

平常心で日常生活を送っているつもりなのに、奇妙な夢を見て目覚めた朝、不安な気持ちになったことはありませんか?

今回は見た夢から、今の自分がどういう心理状態なのかを診断する方法を、占い師で人間心理にかかわる事象を研究されているマリィ・プリマヴェラさんに伺いました。

 

夢とは何か?

夢とは何か?

そもそも人はなぜ眠っているときに夢を見るのでしょうか。ここでは夢を見るメカニズムを紹介します。

 

夢の役割

人が眠っているあいだに夢を見るのは、「記憶の保存と整理」と「潜在意識の掘り起こし」を行なっているため。

人は誰もが夢を見ており、夢を見ない人は存在しないといいます。

 

記憶の保存と整理

睡眠中には、脳の 「記憶の貯蔵庫」の中に新しい記憶を保存したり、貯蔵庫の中から古い記憶を引き出す整理が行われたりします。

このとき、記憶のイメージが再生されるため「夢」を見るのです。

 

潜在意識の現れ

睡眠中は、覚醒時に抑圧された潜在意識が解放されやすく、「夢」として引き出されるといいます。

普段私たちが記憶したり意識したりしていることは、脳に蓄積されているもののほんの一部に過ぎず、隠れている大量の記憶や潜在意識が夢として現れます。

 

夢を見やすい人とそうでない人の違い

脳は、日中に刺激を多く受けると、睡眠中に記憶の整理が活発になるという特徴があります。

能動的に行動している人ほど脳が活発に動くため、活動量に比例して記憶の保存や整理が必要になり、夢を見やすくなるといいます。

人間はみな睡眠中に記憶の整理を行うので、夢を見ない人は存在しません。「夢を見ない」と感じるのは、見た夢を覚えていないためです。

 

レム睡眠かノンレム睡眠かで見る夢が異なる

夢にはストーリーがはっきりしている鮮明なものだけではなく、支離滅裂だったりぼんやりしたイメージだったりする夢もあります。

両者は、睡眠の段階「レム睡眠」か「ノンレム睡眠」のどちらで見たものかで変わります。

 

レム睡眠で見る夢の特徴

レム睡眠は「浅い眠り」で、身体が休息していて脳は活動している睡眠状態です。

脳が活発に動いているため、このときに見る夢にはストーリー性があり、目覚めた後に覚えていることが多いのが特徴です。

 

ノンレム睡眠で見る夢の特徴

ノンレム睡眠は「深い眠り」で、身体も脳も休息モードの睡眠状態です。

ノンレム睡眠時に見る夢の内容は平凡でぼんやりしており、ストーリー性がないものが大半で、起きたときにもなかなか思い出せないことが多いのが特徴です。

夢のメカニズムについては、下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

Check

夢から分かる深層心理、自分の心理状態を徹底分析!

→夢を見るメカニズムと、夢によって分かる深層心理をパターン別にまとめました

 

夢診断の方法

夢診断の方法

夢には、その人の深層心理が反映されているといわれています。その深層心理を読み解くのが「夢診断」です。

ここでは、まず夢を思い出す習慣をつけてから、次に自分の深層心理を知るための夢診断のステップを紹介します。

 

まずは夢を思い出す

夢診断をするためには、まず、自分がどのような夢を見たのかを思い出すことが必要ですが、なかなかその内容を思い出せないことも少なくありません。

そんなときのために、ベッドのそばにノートとペンを置いておき、目覚めたらすぐに夢の内容を記録しておく習慣をつけましょう。

 

この「夢日記」を付けていると、夢を思い出しやすくなるといいます。具体的な日にちと強く印象に残ったことから順に箇条書きで書いていきましょう。

起き抜けに文字を書くのが面倒なら、ボイスレコーダーアプリなどを使い、音声を吹き込んでおくだけでもOKです。

 

夢診断で深層心理を知るポイント

夢を思い出すだけではなく、夢に込められたメッセージをより細部まで読み取るためには、夢日記に以下の5つのポイントも記録しておきましょう。

 

(1)夢の印象

その夢に明るい印象を受けたときはポジティブな心理状態、不吉な印象を受けたときはネガティブな心理状態だといいます。

 

(2)夢の中での自分の感情

「不安」「恐怖」「幸福感」など、夢の中で抱いた感情は、深層心理とリンクしています。

例えば、夢の中で上司に怒られたりしているなど、自分がストレスを感じているシチュエーションの夢を見た場合は、たとえ直近でそのような体験をしていなくても、「家事に追われてストレスを感じている」など、別の要因でストレスを感じていると考えられます。

 

(3)夢の中でとった自分の行動

「主体的に行動していた」「他人の行動を眺めていた」など、夢の中で「自分がどのような行動をとっていたか(立場だったか)」もポイントです。

例えば、「叱る」という場面においても「自分が叱っていた」のと「他人に叱られていた」のでは、心理状態は異なります。

自分が叱っていた場合は現実で何かに憤りを感じており、他人に叱られていた場合は何かに恐怖を感じているということを示しています。

 

(4)夢の「舞台」がどこか

夢の舞台がどこだったかが分かると、現実において、どんな場面で喜びやストレスなどを感じているのかを知るきかっけとなります。

例えば、職場が舞台の夢の場合、「職場=社会性やグループ行動の象徴」ととらえられます。

これは、職場だけではなく、趣味のサークルなどの場で頑張りたい、またはうまくいっておらずストレスを感じている、という深層心理だとひも解くことができます。

 

(5)登場する人物

夢の中に出てくる人物は「自分の短所の象徴」だといわれています。

例えば、夢でいじわるな人が現れた場合、現実で自分が他人の嫌がることをしており、それを改めなければならないと思っている可能性があります。

登場人物と自分自身を重ねて共通点を見つけると、「いま自分が改めるべきこと」に気がつくかもしれません。

 

夢診断から受け取れるメッセージ

夢診断から受け取れるメッセージ

夢診断をしても、自分の深層心理がひも解きづらい、とても象徴的な夢があります。

そのなかには深層心理だけではなく、これから起こる自分への暗示を含むケースがあります。

ここでは夢占いの観点から「難事の前兆」や「幸福の前触れ」など、自分へのメッセージとして読みとれる具体的な夢とそのメッセージを解説します。

 

汚れたトイレの夢

ネガティブな夢ではなく、恋愛運や金運アップの可能性があります。

 

空をうまく飛べる夢

仕事や勉強などで自分の能力が発揮されるでしょう。逆に、夢の終わりにだんだんうまく飛べなくなってしまうと、自信を失っている可能性があります。

 

ヘビを捕まえようとして逃す夢

「ヘビ=金運」。金運を捕り逃し、金銭的に損失をする可能性があります。

 

ケガをする夢

「ケガ=突発的なアクシデント」。突発的に自分にとってよくないことが生じる可能性を示しています。

 

妊娠する夢

自分のなかのクリエイティブな側面が能力を発揮し、成果が出せそうだということを示しています。

 

セックスをする夢

性に関する夢は、生命力のアップやエネルギーの高まりを表しています。

 

歯が抜ける夢

歯は「食べ物を噛み砕き、身体に取り入れるためのもの=生命力のシンボル」。自信や気力、体力を失っている状態かもしれません。

 

ペットをかわいがる夢

「子どもが欲しい」という潜在的な願望がペットに形を変えて夢に現れている可能性があります。

 

誰かに追われる夢

「誰か」が「巨人」など大きなものの場合は、上司や親など、自分より力のある存在に怯えている可能性があります。

また複数の人に追われている場合は、「社会的組織の力」や「常識」にプレッシャーを感じているといえます。

 

見たい夢を見る方法

見たい夢を見る方法

マリィさんによると、人の見る夢の7~8割は恐怖や不安、不快さを感じる「不安夢」なのだといいます。

朝、不安な気持ちとともに目が覚めてしまい、憂鬱になってしまうのはできれば避けたいですよね。

ここでは、自分が夢の中で「これは夢だ」と自覚している「明晰夢(めいせきむ)」状態になり、夢をコントロールする方法を解説します。

 

「明晰夢」状態になり、夢をコントロールする方法

まずは日中覚醒しているときに「どんな夢が見たいか」「どうしたら嫌な夢がよい夢に変わるか」を意識的に考えましょう。

夢日記に見たい夢の内容を、具体的にイラストを添えて書きとめましょう。

すると、覚醒時に「夢の回路」が作られ、睡眠中に見たい夢のイメージが引き出されやすくなります。

 

ただし、眠る前に見たい夢について思考を働かせすぎてしまうと、スムーズに入眠できなくなってしまいます。この作業は極力日中に行いましょう。
 
明晰夢状態をコントロールできるようになると「つかむ」「触る」「自分の思ったとおりに動く」などの指令が自在にできるようになるといいます。

 

フミナーズでは、過去にも明晰夢について紹介しています。明晰夢状態を継続するテクニックなどを詳しく知りたい方は下記を参照してみてください。

Check

【明晰夢】悪夢を鎮める心構えは、向き合う・無理しない・問いかける

→見たい夢を見て、それを持続する方法を紹介します

<参照>
『決定版 夢占いキーワード事典』マリィ・プリマヴェラ(永岡書店)

photo:Getty Images

マリィ・プリマヴェラ

監修

占い師

マリィ・プリマヴェラ


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A