ベッドで眠る男性

睡眠時無呼吸症候群の兆候とリスク|治療法と医療機関の探し方

「いびきが大きい」「眠っているときに呼吸が止まっていた」と指摘されたことがある人は、もしかすると睡眠時無呼吸症候群かもしれません。睡眠時無呼吸症候群は、放っておくと事故につながったり、合併症の引き金になったりすることもある病気です。

今回の記事ではこの病気の原因から症状、検査方法、治療方法まで詳しく解説。心当たりのある人は一度検査を受け、少しでも早く治療を始めることをおすすめします。

睡眠時無呼吸症候群の原因と症状

ベッドで顔を覆う男性

「睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)」とは睡眠中に呼吸が止まったり、気道の空気の流れが弱くなったりする病気のことで、「SAS(サス)」ともいわれます。医学的には10秒以上、気道の空気の流れが止まった状態(無呼吸)が、一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、もしくは1時間あたり5回以上あることを指します。まずは睡眠時に無呼吸状態になってしまう原因と症状を見ていきましょう。

 

睡眠時に無呼吸状態になる原因

寝ている間、舌や口蓋垂(のどちんこ)、軟口蓋(口腔上壁後方の軟らかい部分)などによって、空気の通り道である気道がふさがれてしまうことで起こります。主な要因を下記に紹介します。

肥満

首のまわりについた脂肪がのどを圧迫することで、気道がふさがりやすくなります。

タバコを吸う

タバコを吸うことで血液中の酸素濃度が低下し、煙が鼻やのどの粘膜に慢性的な炎症を引き起こし、気道をふさいでしまう恐れがあります。

お酒を飲む

アルコールには筋肉を弛緩させる働きがあります。就寝前にアルコールを摂取すると、睡眠中に首やのど、気道を支える周囲の筋肉がゆるみ、気道を狭くしてしまいます。

あごが小さい・狭い

あごが小さい・狭い人は、常に気道がふさがりやすい状態にあります。そのため、体重が少し増えただけでのどが圧迫され、睡眠時無呼吸症候群になるリスクが高くなります。

アデノイドや扁桃肥大

また、鼻腔の奥にある組織が肥大するアデノイドや扁桃肥大により気道が狭まることで起こることもあり、この場合は外科手術が必要です。

 

睡眠時に見られる症状

睡眠中、以下の症状が見られると「睡眠時無呼吸症候群」の恐れがあります。

特徴的ないびき

いびきは「睡眠時無呼吸症候群」の人に多く見られる症状ですが、すべてのいびきが関係しているわけではありません。疑いのあるいびきには特徴があります。

  • 「スースー」「グーグー」といった規則的ないびきではなく、数秒間息が止まったあとに「グファ!」と大きな音を発する。(無呼吸発作)
  • 仰向けに寝るといびきの音が大きくなる
  • いびきに強弱がある

呼吸が止まる、むせる

睡眠時に10秒以上呼吸気流が止まる無呼吸状態になります。寝ている本人は気づきにくいのですが、家族などが呼吸の音が止まったり、再開したときにむせる音を聞いたりすることがあります。

何度も目がさめる

睡眠時無呼吸症候群は呼吸が止まって酸欠状態になるため、息苦しさから就寝中に何度も目が覚める「中途覚醒」が起きやすくなります。夜中に2回以上目覚める日が週3回以上ある場合は、中途覚醒が慢性的になっている可能性があります。

トイレに行く回数が多い

睡眠中はホルモンの働きで利尿作用が抑えられますが、無呼吸状態になると交感神経が刺激されるため、排尿が促進されます。その結果、夜間トイレへ行く回数が増えることがあります。

寝汗をかく

寝苦しさから寝汗をかくことが増えます。また寝相が悪くなったり、突然飛び起きたりすることもあります。

 

寝起きに見られる症状

就寝中だけでなく、目覚めたときにも特徴的な症状が現れます。

口が渇いている

呼吸が苦しいことから口を開けて眠ることが多いため、起床時に口の渇きを感じることがあります。

頭痛

睡眠時無呼吸による低酸素血症、高炭酸ガス血症、睡眠障害によるストレスなどにより、起床時に頭痛を感じることがあります。この症状は「睡眠時無呼吸性頭痛」と呼ばれます。

<睡眠時無呼吸性頭痛の特徴>

  • 起床時に頭痛がある
  • 頭の両側に痛みを感じる
  • 30分以内に痛みがなくなる
  • 1カ月に15日以上頭痛がある

熟睡感がない

低酸素による酸欠状態になったり、就寝中に何度も目覚めたりすることで睡眠の質が低下し、「よく眠れた」という熟睡感を得にくくなります。

すっきりと起きられない

無呼吸発作や睡眠時の目覚めなどにより睡眠のリズムが乱れて睡眠の質が下がるため、すっきりとした目覚めが得られにくくなります。

身体が重く感じる

心身の休息に必要な酸素が十分に確保できず、疲れが残るため、起床時に自分の身体を重く感じます。

 

日中に見られる症状

睡眠の質が低下することで、日中の生活にも影響が出やすくなります。

過度の眠気

夜間の睡眠が不足するため、日中我慢できないほどの眠気を感じることがあります。

だるさ・倦怠感

就寝中、身体の疲れを十分にとることができないため、動くのもおっくうなだるさを感じることがあります。

集中力が続かない

昼間に得た情報を整理する睡眠時間が十分に確保できないため、感情や情報の整理ができず、イライラしたり、情緒不安定になったりすることがあります。

疲労感が抜けない

就寝中に身体を十分に回復できないことから、疲労感が続くことがあります。

 

睡眠時無呼吸症候群になったときのリスク

運転中睡魔に襲われる男性

睡眠時無呼吸症候群になると日常生活に影響を与え、さらに生活習慣病の合併症を引き起こす恐れもあります。

 

判断力の低下、眠気による危険性

日中に感じる強い眠気は判断力の低下を招きます。居眠り運転で交通事故を招くなど、大きなトラブルにつながる恐れもあります。

 

生活習慣病にも深く関わる

睡眠時無呼吸症候群は体内への酸素の供給低下や自律神経の乱れをもたらし、身体にさまざまな影響を与えます。特に悪影響を受けやすいのは呼吸・循環器系の機能で、動脈硬化や糖尿病、高血圧などの生活習慣病を招くこともあります。また、「睡眠時無呼吸症候群の患者は、緑内障を患うリスクが正常な人の約10倍高い」という研究論文も2016年に発表されました。

 

睡眠時無呼吸症候群の検査方法と治療方法

病院での診察の様子

睡眠時無呼吸症候群の恐れがある人は、専門機関で検査を受けましょう。

 

検査方法

まずは睡眠障害専門の睡眠外来を受診しましょう。ドクターと相談し、自宅でできる簡易検査か、入院して行う精密検査を選びます。

 

自宅でできる簡易検査

手の指や鼻の下にセンサーをつけて眠ることで、いびきや呼吸の状態を記録する簡易検査です。主に酸素飽和度を調べる検査(パルスオキシメトリー)と、気流やいびき音から気道が狭くなっているかどうかの呼吸状態を調べる検査があり、多くの病院では自宅でできる簡易検査から始めます。

医療機関で睡眠と呼吸の「状態」をチェックする

専門の医療機関で行う精密検査を「終夜睡眠ポリグラフ(PSG)」といいます。この検査は身体にセンサーをつけて病院のベッドで一晩眠ることで、睡眠と呼吸の状態を細かく検査し、痛みはなく、寝ている間に検査は終了します。日中の生活に支障が出ないよう、夜に入院し、翌朝退院できるようにしている医療機関もあります。

簡易検査後に行う場合が多いですが、精密検査を行わず治療へ進むこともあります。

<終夜睡眠ポリグラフ(PSG)の主な検査項目>

  • 口と鼻の気流(空気の流れ)
  • 血中酸素飽和度(SpO2)
  • 胸部・腹部の換気運動
  • 筋電図
  • 眼電図
  • 脳波
  • 心電図
  • いびきの音
  • 睡眠時の姿勢

など

 

治療方法

睡眠時無呼吸症候群の治療方法には、症状を緩和させる「対処療法」と、根本的に睡眠時無呼吸症候群の原因を取り除く「根治療法」があります。症状の程度や原因、生活スタイルなどを考慮の上、主治医と相談して選びましょう。

マウスピースを用いた治療

軽症の睡眠時無呼吸症候群に使われることが多いのが、睡眠時に特製のマウスピースを着用する方法です。マウスピースによって下あごが上あごより前に出た状態に固定し、無呼吸やいびきの発生を抑制します。

マウスピース治療は、睡眠時無呼吸症候群患者の9割程度が該当する「閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)」の中等症までには比較的効果的です。その一方、患者に虫歯や歯周病、顎関節症があるケースなどでは使用できない場合があります。また、症状が重い場合は効果が不十分という報告もあります。

CPAPでの治療

「CPAP(シーパップ)」は、鼻にマスクを装着し、装置を用いて気道に空気を送り続けることで物理的に気道を広げる治療法です。CPAP装置は医療機関からレンタルするのが一般的で、施設によっては導入時に一泊入院して機器を設定し、マスクの装着、手入れ方を学びます。マスクの締め付けによる鼻やのどの痛み、かぶれ、目の乾燥などの症状を感じることがありますが、これらの症状は主治医と相談することで軽減できます。また、治療開始後は継続して定期的に医療機関を受診する必要があります。

CPAPの研究データによると、未治療の重症患者群に比べ、CPAP治療群は心筋梗塞や脳卒中、冠動脈バイパス手術、経皮経管冠動脈形成術などの致命的・非致命的な心血管系イベントの発生率が減少することがわかっており、欧米や日本国内でもっとも普及している治療法です。

外科手術での治療

睡眠時無呼吸症候群の原因が、鼻腔の奥にある組織が肥大するアデノイドや扁桃肥大などにある場合は、摘出手術が有効です。また、「UPPP」という口蓋垂(のどちんこ)の一部を切除する手術法もあります。ただし外科的手術は、治療効果が不十分だったり、数年後に手術部位の組織変化により再発することがあったりと、適応範囲が非常に限られています。

 

病院選びのポイント

睡眠時無呼吸症候群の治療には長い期間を必要としますので、かかりつけの病院を持つことがおすすめです。病院選びは医療機関を探す際は日本睡眠学会で認定されている認定医や認定医療機関に相談する、または無呼吸症候群の専門サイトを活用するとよいでしょう。

かかりつけ医がきっと見つかる!ドクターズ
→睡眠障害専門の睡眠外来はこちらでも紹介しています。

 

体重管理や禁煙の生活改善にも取り組む

睡眠時無呼吸症候群は生活習慣との関係が深い病気です。日々の生活を見直すことで、改善に取り組むことも大切です。

ダイエット

肥満を伴う睡眠時無呼吸症候群の場合は減量が有効な治療法になります。

禁煙

喫煙は睡眠時の無呼吸を促進しますので、禁煙をおすすめします。

寝酒を控える

少量の寝酒でも無呼吸を悪化させる原因になります。少なくとも就寝の3時間前からはアルコールの摂取を避けましょう。

 

<参考>
フミナーズ
https://fuminners.jp/iroha/disease/991/
https://fuminners.jp/nemuri-byoki/6287/
無呼吸なおそう.com
https://659naoso.com/sas/danger
https://659naoso.com/sas/trouble
https://659naoso.com/sas/complication
https://659naoso.com/medical/examination

坪田 聡

監修

医師・医学博士

坪田 聡

医師として睡眠障害の予防・治療に携わる一方で、睡眠改善に特化したビジネス・コーチとしても活躍中。「快適で健康な生活を送ろう」というコンセプトのもと、医学と行動計画の両面から睡眠の質を向上させるための指導や普及に尽力。総合情報サイトAll about 睡眠ガイド。 「睡眠専門医が教える! 一瞬で眠りにつく方法」(TJMOOK 宝島社)、「パワーナップ仮眠法」(フォレスト出版)他、監修・著書多数。

医療法人社団 明寿会 雨晴クリニック 副院長

Site: http://suiminguide.hatenablog.com/


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A