【寝落ちヤバイ】電車で寝過ごすのには2つの理由があった

電車に乗るといつの間にか寝落ちてしまい、ハッと気づいたときには目的地…。慌てて降りたという経験のある人は多いはず。

座席に座ると突然襲ってくる、逃れられないあの強烈な眠気の正体は一体何なの!? 乗り物と睡眠の関係に詳しい、調布スリープクリニック院長の遠藤拓郎先生に聞いてみました!

 

眠気の原因は、「暖かさ」と「揺れ」にあった

「電車内で眠ってしまうのは、車内が暖かいのと、単調な刺激が続くためです」と遠藤先生。

 

暖かい車内では手足の皮膚の表面にある血管が開き、体内の熱が放出されて深部体温が下がるため、眠くなってしまうのだそう。さらに、暖かさだけではなく、電車の揺れも眠気を誘う大きな要因なのだといいます。

「通常、人は外部からのあらゆる刺激によって眠気が妨げられています。しかし、電車の揺れという連続した刺激が外から加わると、そちらに意識が集中し、他からの刺激の影響が弱まります」(遠藤先生)

 

また、電車の揺れは単調で、同じ刺激が長い間続きます。

「電車の揺れの刺激に“馴化(じゅんか)”してしまうと、その他に眠気を妨げる刺激を感じなくなり、眠ってしまうのです」(遠藤先生)

 

馴化とは、同じ刺激を受け続けることでな(馴)れてしまい、それを感じなくなること。つまり、電車の揺れという刺激は、

電車の揺れ以外の刺激から受ける影響を弱める
・電車の揺れそのものの刺激は、なれて感じなくなる

という2つの要素によって、睡眠に最適な環境を作り出しているのです。

 

ところで、電車の中で寝てしまっても、ちょうど目的の駅やその手前で目が覚めるということがよくありますよね。これはなぜなのでしょう?

「電車内での睡眠は、短い周期で睡眠と覚醒が繰り返される浅い睡眠です。そのため、寝ているようでも周りの刺激をなんとなく感じていて、アナウンスや人の乗り降りの気配などでハッと起きてしまうのです。

逆に、目的地を乗り過ごしてしまう人もいますが、それは深く眠っている証拠です」(遠藤先生)

 

デキるビジネスマンは電車で寝る!? 通勤を快眠タイムに

通勤電車内を見渡すと、寝ている人だらけ。一見、だらしないように見えますが、実はこれ、賢い選択なのかもしれません。

 

「電車で睡眠をとるのは悪いことではありません。短い時間でも仮眠をとることでリフレッシュできますし、ある程度まとまった時間眠れるのなら、1日の睡眠時間として計算してもいいでしょう」(遠藤先生)

たった5分でも仮眠をとると、疲労感や眠気が激減するという実験結果があるそう。

 

また、思い切って深い睡眠をとるなら、周りから受ける刺激を少なくするのがポイントだとか。

「車両の端の席は、人の移動の気配などを感じにくいため、よい「寝床」と言えます。

また、乗り過ごさないかどうかを気にしていては、なかなか深い眠りに入れないので、終点まで乗る移動だとベストです」(遠藤先生)

 

逆に、「眠くなったけど、いまは寝たくない!」という場合は、単調な刺激とは別の刺激を身体に与えることで眠気に対抗するのがよいそう。

「手軽なのは、ミントタブレットやガムを食べること。冷たい水を飲んだり、手に冷たいものを持って身体を冷やしたりするのも効果的です。可能であれば、窓を開けるのもいいですね」(遠藤先生)

 

毎日忙しくて、睡眠時間が足りないと嘆いている社会人の皆さん。電車での移動時間を有効活用し、質のいい睡眠をとれば、眠気がとれて、仕事の効率アップも期待できそうですね!

 

photo:Thinkstock / Getty Images

遠藤 拓郎

監修

医師・医学博士

遠藤 拓郎

睡眠学会認定医師。日本精神神経学会 精神科専門医。東京慈恵会医科大学助手、北海道大学医学部講師を経て、2005年にスリープクリニック調布、2007年スリープクリニック銀座、2009年スリープクリニック青山を開院。現在はスリープクリニックを統合し東京睡眠医学センター長を務める。睡眠に関するグッズ開発にも数多く携わっている。主な著作に、『4時間半熟睡法』『朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!』など。

東京睡眠医学センター長(スリープクリニック調布 院長)


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A