「動悸」「過呼吸」で寝られない!睡眠時パニック症の原因と対処法

「動悸」「過呼吸」で寝られない!睡眠時パニック症の原因と対処法

カラダの悩み
ストレスメンタルケアメンタルヘルス
睡眠時に、「息苦しい」「急に心臓がドキドキして寝れない」ことがあるという人は、不安症のひとつであるパニック症で、過呼吸を起こしているかもしれません。

「ドキドキして寝れない」「息苦しくて寝れない」と感じたときに考えられる原因や対処法について、いそべクリニックの院長で精神科医の磯部潮(いそべうしお)先生にお聞きしました。

過呼吸とは?

息苦しさを感じる女性

過呼吸とは、過換気症候群とも呼ばれ、強い不安感に伴って起こります。まずは過呼吸になるメカニズムについて解説します。

過呼吸のメカニズム

過呼吸あるいは過換気症候群は、「息を吸いすぎて、息を吐きすぎることで呼吸が苦しくなる」状態です。   平常時よりも速くて浅い呼吸を繰り返すことで、血液中の二酸化炭素が大量に排出され、血中酸素が多くなります。

すると、酸素と血液中のヘモグロビンに通常よりも強力に結合し、ヘモグロビンが酸素を離さなくなります。それによって、細胞に酸素が行き渡らず、酸欠状態になり、息苦しさを感じるようになります。

過呼吸の症状

過呼吸になると、息苦しさだけでなく、以下のような症状が現れます-

  • 頭や身体がふらつく
  • めまい(周囲が回るような感覚)
  • 自分の身体が自分のものではないように感じる
  • 心拍数が増加、脈拍が速くなる
  • 手足や顔がビリビリする
  • 身体中の筋肉がこわばる
  • 手のひらに汗をかく
  • 口の中が渇き、うまく話せない
Check

過呼吸とは?|過呼吸の正しい対処法

→過呼吸の原因やメカニズムを解説します。

「過呼吸で寝れない」ときの原因

不安に悩む女性

「ドキドキして寝れない」「過呼吸で寝れない」ときは、パニック症の可能性があります。ここでは、パニック症について説明します。

パニック症とは

パニック症は、「このまま死んでしまうのでは」「気が狂ってしまう」など急に強い不安に襲われる精神疾患です。以下ではパニック症の症状を説明します。

パニック発作

前述した過呼吸の症状が、前触れなく突然起こります。

胸痛、胸部の不快感

鼓動が速くなったり、息苦しさが出てきたりすることで、「胸が痛い」「胸が苦しい」という感覚が現れます。

強い不安、死への恐怖

パニック症のさまざまな症状によって、その症状が継続的に続くような不安感が生じ、死ぬことへの恐怖感が出ます。

「ドキドキして寝れない」「過呼吸で寝れない」ときの対処法

呼吸を整える女性

「過呼吸で寝れない」と感じたときの対処法として、症状が出ているときにできる呼吸法や薬物療法と、症状が出ていないときに医療機関で行う治療があります。

呼吸コントロール

パニック発作で起きる過呼吸には、呼吸のコントロールが有効です。呼吸を安定させ、血液中に酸素が多すぎる状態を解消します。

  • 安静な環境に身を置く
  • 10秒間呼吸を止める
  • 口あるいは鼻から3秒息を吐く
  • 口あるいは鼻から3秒息を吸う

 

呼吸困難は、肺炎などの別の病気が原因である可能性もあります。コントロールできない息苦しさを感じた場合は、医療機関を受診しましょう。

薬物療法

過呼吸の症状を引き起こす元となる不安、緊張、抑うつ、睡眠障害などの症状を緩和するためには、ベンゾジアゼピン系と呼ばれる抗不安薬が有効です。抗うつ薬であるセロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)も、パニック症の治療に使われることがあります。薬は医療機関で処方してもらいましょう。

認知行動療法

症状が出ていないときに行う治療として、医療機関で行う認知行動療法があります。医師との対話によって、不安を引き起こす状況や不安の対象に対するマイナス思考を改め、不安が起こらないように導くものです。認知行動療法は、考え方のゆがみを治していくという治療法です。

 睡眠中に急におこるパニック症や過呼吸は、特に不安な気持ちになりがちですよね。不安は症状をひどくしますので、「パニック症や過呼吸で死ぬことはないのだ」と考えて、まず気持ちを落ち着かせ、呼吸法や脱力法などの方法で緊張を取り除きましょう。

過呼吸の予防法

リラックスして呼吸をする女性

過呼吸に前兆はなく、突然症状が出ます。普段から呼吸を整え、過呼吸を引き起こす不安の原因を解消しておきましょう。ここでは過呼吸の予防に有効だとされる方法のひとつ、自律神経を整えて心を落ち着かせる丹田呼吸法を紹介します。

丹田呼吸法

「丹田呼吸法」とは、ヘソから指四本分下にある「臍下丹田(せいかたんでん)」というツボを意識して、深呼吸をする呼吸法のことです。   丹田に向かって横隔膜を動かし、深く呼吸をすることで、過呼吸の原因となる自律神経の乱れを調整します。自律神経が整うと、心身ともにリラックスした状態になります。 

<丹田呼吸法>

1.仰向けに寝た状態で、脚を軽く開く
2.脚の付け根をほぐすことを意識し、つま先をゆらゆらと動かし、首の付け根をほぐすように頭を左右にゆする
3.両手を平らにしておなかの上に置き、両手の親指同士、人差し指同士をつけて三角形を作る。三角形の中心を、おへそに合わせる
4.身体の中にある息をすべて吐き切りながら、肩の力を抜く
5.鼻からゆっくりと息を吸いながら、横隔膜を下げるように、手を置いたおヘソの辺りに空気を満たしつつ、軽くふくらませる
6.そのまま取り込んだ酸素を全身に拡散させるようなイメージで、3秒間、息を止める
7.ゆっくりと息を吐きながら、身体の緊張が抜けていくように、下腹を軽くへこませる
8.心地良いと感じられるリズムで、5~7を繰り返す

photo:Getty Images

 

磯部 潮

監修

医師・医学博士・臨床心理士

磯部 潮

いそべクリニック 院長


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A