その腰痛・頭痛は五月病のサインかも?春の痛みチェックとケアのポイント

その頭痛は五月病サイン?腰痛などの春の痛みチェックとケアのポイント

カラダの悩み
ストレッチ・運動自律神経

寒い季節からやっと温かな春らしい気候になり、過ごしやすさを感じる4月は、気持ちも上向きになり、仕事やプライベートでも意欲的に活動しようという人も多いかと思います。

気持ちも身体も軽やかだったはずなのに、5月のGWを過ぎたあたりから、調子が悪くなる場合があります。「ちょっと疲れただけかな」とそのまま放っておきがちですが、この時期の体調不良は「五月病」のサインかもしれません。

体調の変化が6月に起こることで「六月病」とも呼ばれることがあります。どちらも正式な疾患名ではありませんが、自覚症状としてはとてもツライ場合もあり、仕事中の集中力低下や身体の痛みとして表れることもあります。

心身をいたわるべきタイミングが来た、ということに気付き、ご自身の身体へ目をむけてみましょう。

五月病ってどんな病気? 代表的な症状

五月病は、この時期に陥る心身の不調です。4月は、転勤・転居・入学など新しい環境に身を置く人や、職場は変わらないけれど、新しいメンバーで仕事をスタートさせる人、業務内容が変化する人など、これまでに無い新しい経験をすることになる場合があります。

それに伴い、頭の中をフル回転させて、あれこれ考えなくてはならない時間が増えると、脳にたくさんの刺激が入り続けます。
 
疲労しやすく、そして、心も身体も緊張から脱することが難しい状態に陥りやすくなる時期が、ちょうどこの5月のタイミングです。その結果として起こり得る症状は多様で、人により程度も様々ですが、次のようなものがあります。

五月病の症状例

  • 身体がだるくて、できれば寝ていたい
  • 他人と話すのも面倒に感じる
  • 気持ちが沈んでマイナス思考に
  • 集中力が低下しミスが増え、仕事もはかどらない
  • どうしても、やる気が起きない
  • 頑張ろうとするものの、頭痛や腹痛など具合が悪くなってしまう
  • 肩こり・背中の痛み・腰痛が目立つようになってきた
  • めまい・耳鳴りがする
  • 動悸や息苦しさを感じる
  • 眠れないなど睡眠の問題が出ている
  • 食欲が無い、食べても胃が重い、お腹が張るなど胃腸の不調がある
  • ちょっとしたことでイライラしたり、怒りっぽくなったりする

病気とまではいかないけれど、とてもツライこれらの五月病の症状には、特にこの時期に多い心身へのストレスが関係しています。

「痛み」も五月病のサイン!

「痛み」が五月病のサインになるケースもあります。肩こりや首こり・腰のだるさが悪化して、「首の痛み」「背中の痛み」「腰痛」として感じられることもあります。
 
筋肉や関節に問題があるのかと思われがちなこういった症状も、実はメンタルストレスが絡んでいることも。心の痛みが身体の痛みとして表れていることもあるのです。

心が疲弊してしまうようなストレスは自分とは無縁だ、と思っている人、「これくらいの苦労は当たり前」と思っている人は要注意。実際にはストレス反応として、身体の正常機能を低下させ、自律神経の乱れを引き起こすケースが多々あります。

その結果、五月病・六月病と呼ばれる一時的な不調を招くことになります。
 
この時期に前述のような症状に見舞われたら、そのまま見過ごさないようにしましょう。五月病・六月病を発症しやすい状態であるサインは、下記でご紹介する姿勢や、ちょっとした症状として表れます。

サインに気づいたら、早めに休息をとり頭の中もスッキリできるようリフレッシュを図ることが理想的です。

また、五月病・六月病が既に疑われる場合(前述の症状が既にある場合)は、無理は禁物。日々当たり前のように機能していた身体の仕組みが、うまくいっていないということですから、無理に頑張り続けて症状を悪化させないように、休息とケアが必要になります。

あなたはいま、五月病・六月病になりやすい状態?チェックしてみましょう!

五月病サインは、特に肩こり・腰痛・背中の痛み・頭痛などに表れやすいため、そのサインに早く気づくことができれば、ひどい症状にならず予防することができます。

GWが明けても体調がそれほど悪くない、という人でも、少し遅れて体調を崩すことがありますのでチェックしてみましょう。一つでもあてはまる場合は、自律神経が乱れている可能性があるので要注意です。

五月病・六月病のリスクチェック

「自分は絶対大丈夫!」などという思い込みはいったんおいて、チェックしてみましょう。 

  • 1.姿勢が悪くなった
    疲労がたまり始め、背骨を支える筋肉の働きが低下すると、背スジをしっかりと伸ばすことがつらく感じ、猫背姿勢が楽に思えてしまいます。
  • 2.背中が張ったり、痛みを感じる頻度が増えた
    気付かない間に肩に力が入り、肩甲骨周囲の筋肉バランスが崩れている可能性があります。すると、背中の張りや痛みを感じるようになります。
  • 3.デスクワークが以前よりもつらく感じる
    座り姿勢を続けていると、頭や腕を支える筋肉にも負担がかかりがち。肩こりや筋肉の緊張に起因する頭痛を発症しやすくなります。
  • 4.胃腸の不調が増え、背スジを伸ばしづらくなった
    胃もたれや便秘など胃腸の不調が増えるのは、自律神経のアンバランスが関係しているかもしれません。この時、お腹側の筋肉が硬くなりやすいため、背中側の筋肉とのバランスが崩れて背スジを伸ばしづらくなることも。
  • 5.前向きな思考になればまだまだ頑張れる
    つらいことがあっても前向きに考える努力をすることで、乗り切れるという人(頑張りが効く人)は、実は要注意です。それが繰り返されるとエネルギーが枯渇してしまうかもしれないからです。頑張りが必要な頻度が増えてきた、と思いませんか?

痛みの正しいケアとゆっくり呼吸のススメ

寝違えやぎっくり腰のような急な痛みでなければ、温めて血行を促進させ、筋肉の緊張をやわらげることで楽になる場合があります。痛みや不快感の程度や頻度が持続したり、増えたりすると、いっそう痛みを感じやすくなるなどの悪循環に陥る可能性が高まります。
 
痛みの原因となる筋肉のコリは、できるだけ早めにほぐれるようにして少しずつでも緩和することが大切です。以下の方法が有効です。

筋肉のコリをほぐすポイント

  • なるべく同じ姿勢を避けて部分的な負荷を軽減させる。
  • ゆったりとストレッチをしたり、軽くウォーキングをするなど、身体を動かして気分転換を。
  • 心のリラックスも重要。好きなことにうちこめる時間を設けることもコリの緩和につながる。

あわせて、深い呼吸にも挑戦してみましょう。心身の緊張と疲労が強い人は、両肩が前方へ位置しやすく、姿勢が悪くなりがち。これでは、体内へしっかりと空気を取り入れにくい状態です。

呼吸に使われる筋肉がコリによって緊張したままになると、深い呼吸がしにくく感じられることもあります。
 
なるべくリラックスした姿勢で(布団に仰向けになる・リクライニングチェアにもたれるなど)目を閉じ、深呼吸をゆっくりと繰り返しましょう。息を吸うよりも、吐く方を意識すると自律神経のバランスが調整されやすくなります。

5~10回を目安に行いますが、「身体の力が抜けた」「心地良い」と感じるまで行ってもOKです。

さいごに

仕事やその他の用事などでスケジュールがいっぱいという人は、「まずはGWまでは頑張らなくちゃ」と、GWをひとつの目安にして頑張り抜いてきているかもしれません。

この時期の体調不良は、それまでの頑張りが身体に表れたということ。気力で乗り切ろうとせずに、自身の健康状態を見つめ直す機会にしていただければと思います。
 
休息とリフレッシュによって、再びパワフルに過ごすことができるようになります。焦りは禁物です! もし、それでも体調不良が長引いたり悪化したりするようなことがあれば、医療機関を受診することをおすすめいたします。

photo:Getty Images

檜垣 暁子

執筆

カイロプラクティック理学士(B.C.Sc.)

檜垣 暁子

日本カイロプラクターズ協会正会員(JAC)。日本カイロプラクティック登録機構(JCR)登録カイロプラクター。2003年、横浜市都筑区に「あきカイロプラクティック治療室」を開院し、肩こりや腰痛をはじめ体調不良を抱える方の施術にあたる。生活総合情報サイト「All About」では、肩こり・腰痛ガイドとして長年執筆を続けている他、テレビ・ラジオ・雑誌・書籍など多方面で活動中。著書に、学研「今すぐできる!肩こり・首痛を治す32のルール」ほか。


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A