潜在酵素は野菜で増やせる!効率UPの食べ合せと調理法

カラダの悩み
食べ物

健康な毎日を過ごすためには食事・睡眠・運動が大切です。1日の野菜目標摂取量は350g。健康を気遣って、毎日少しでもたくさん食べようと心がけている方も多いはず。

でも、例えば「野菜スープをよく飲んでいるから大丈夫!」と安心していませんか?野菜を摂るという意味では、もちろんスープでOKですが、実は加熱によって摂りにくくなるものがあります。それは、「酵素」。今回は、話題の酵素に着目して、野菜や果物のかしこい摂り方をご紹介します。

酵素は寝ている間に作られる!

最近よく聞く「酵素」とはどのようなものでしょうか?呼吸や脈拍、食べたものの消化吸収など体内で起こるあらゆる生体反応には、すべて酵素が関わっています。

酵素がもし体の中からなくなってしまったら、私たちは生きていく事ができないほど。

「最近疲れやすくなったな」、「お肌の調子がよくないな」ということがあったら、もしかすると酵素不足かも。酵素を摂取できているか見直してみましょう。酵素は基礎代謝にも関わるため、老化防止にもとても重要なのです。

酵素は大きく分けると2種類あります。人間の体に元々存在する「潜在酵素」と体の外部から摂取する「食物酵素」です。

その潜在酵素のなかで、食べ物を消化・吸収するのに必要なのが「消化酵素」。栄養が吸収された後に体内で代謝するために必要なのが「代謝酵素」で、体に栄養を届けてくれます。

消化酵素と代謝酵素は、どちらかが増えるとどちらかが減るという密接な関係。肉類や揚げ物など消化に時間のかかる食事が多いと、消化酵素がたくさん使われます。

そうすると、代謝酵素の働きが悪くなってしまうというわけ。酵素は寝ている間に作られるので、しっかりと睡眠をとると潜在酵素が増え、毎日元気に過ごす事ができます。

熱に弱い酵素はサラダで摂るのが正解!

しかし、体内で作られる酵素の量は、年齢と共に減ってきます。そこで、食べ物から食物酵素を摂って増やすことが大切になります。食物酵素が多く含まれているのは、生の野菜や果物、生の魚やお肉、発酵食品。意識して食生活に取り入れましょう。

酵素のウィークポイントは、熱に弱いこと。37℃くらいで一番活発に働くものの、50℃~70℃くらいで死滅すると言われています。野菜の食べ方はスープや温野菜が定番という人は、惜しくも酵素が摂れてないという事に。ぜひ、積極的にサラダなどで生野菜を食べるようにしましょう。

私のおすすめは、大根、セロリ、キュウリ、人参などを棒状に切って、塩やお好みのドレッシングをつけるだけの簡単スティックサラダ。野菜や果物にはビタミンやミネラル、食物繊維も含まれますが、酵素の存在もお忘れなく。

「酵素=生野菜から摂取!」とインプットしておきましょう。

組み合わせと「すりおろし」で効果UP! 酵素のかしこい食べ合わせ

3大栄養素の炭水化物、たんぱく質、脂質にはそれぞれに相性がいい消化酵素があります。

ご飯やイモ類などの炭水化物を分解するには、「アミラーゼ」が豊富な大根、カブ、ヤマイモ、キャベツ、バナナなどを。
肉や魚などのたんぱく質を分解するには、「プロテアーゼ」が豊富なパパイヤ、キウイ、パイナップル、ショウガ、イチジクなどを。

揚げ物などの脂質を分解するには、「リパーゼ」が豊富な大根、セロリ、トマト、りんご、柑橘類などを一緒に食べると消化を助けてくれます。

定番の組み合わせ「酢豚×パイナップル」や「とんかつ×大根おろし」は、理にかなった食べ方なのです。

また、野菜に含まれる酵素は細胞を壊した時に、さらに力を発揮するのですりおろしたり、ジュースにすると効率的。時間が経つと減ると言われているので、できるだけ早く食べるのがおすすめ。

調子のいい体を手に入れるために、しっかり睡眠をとって潜在酵素を増やしながら、生の野菜や果物で酵素を摂取しましょう!

photo:Thinkstock / Getty Images

野口 知恵

執筆

日本野菜ソムリエ協会認定野菜ソムリエ上級プロ、管理栄養士

野口 知恵

「おいしい!」の感動を多くの人と感じる事をモットーとし、食を通じて笑顔が溢れる社会を目指している。大地のめぐみをたくさんの方に伝え、届けたいという想いを持ち、日々活動中。講演、レシピ開発などをはじめ、商品開発や料理教室、講演、栄養指導、店舗の立ち上げなども行っている。

Site: https://ameblo.jp/chienowa831/


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A