首に現れた湿疹

その湿疹はストレスが原因?|かゆみの適切な対処法

カラダの悩み
ストレス睡眠の効果自律神経

疾患やアレルギーなどの明確な原因が思い当たらないのに湿疹が出てしまい、かゆみなどに悩むことはありませんか? 湿疹の原因にはストレスが影響していることが少なくありません。今回は、聖路加国際病院の衛藤光先生に、湿疹へのストレスの影響、症状と原因、かゆみを軽減する方法などをお伺いしました。

湿疹の原因(接触性皮膚炎)

屋外で腕がかゆくなった女性

湿疹は顔や頭、手など汗をかきやすい場所に起こり、「かゆみ」を伴う皮膚の炎症反応です。軽度のものから生活に支障が出てしまうものまで、症状の程度も人によって異なります。

「湿疹の原因には、直接的なものと間接的なものがあります。また、症状は似ていますが、蕁麻疹と湿疹は全く別の疾患です。蕁麻疹は、肥満細胞からヒスタミンが放出されるために現れる症状で、皮膚の表面ではなく内側からかゆみが生じます。なお、湿疹と皮膚炎は、同じととらえてよいでしょう」(衛藤先生)

蕁麻疹の種類と原因|原因不明のかゆみの対処法
→蕁麻疹が起こるメカニズム、蕁麻疹の種類や治療法、簡単にできる対処法を説明します。

 

まずは、ストレスが影響しないとされる湿疹の直接原因「接触性皮膚炎」について解説していきます。

「接触皮膚炎は、一般的に『かぶれ』ともいわれる湿疹が症状として現れます。大きく分けて、刺激性の強い物質に触れたときと、アレルギーを引き起こす抗原(アレルゲン)に触れたときに起こります」(衛藤先生)

 

刺激の強い物質

洗剤の原液や植物のイラクサなど、刺激の強い原因物質が皮膚へ浸透してくることに対して、皮膚の免疫システムが作動し炎症反応である湿疹が生じます。皮膚の接触した部分のみに症状が現れ、かゆみのほか痛みを感じる場合もあります。

 

アレルゲンによるもの

化粧品などの日用品から貴金属などの装飾品まで、身の回りにある全てのものが原因となる可能性があります。原因物質の皮膚への浸透に対して免疫システムが作動することで、炎症反応である湿疹が生じますが、原因物質に対してアレルギーを持つ人のみに症状が現れます。触れた部分とその周辺などにも症状が及びます。

 

湿疹の原因と種類(ストレスや健康状態が影響するもの)

腕の湿疹を掻く女性

ストレスや健康状態の悪化なども湿疹を生じさせる要因となります。アトピー性皮膚炎のように、症状を生じさせる体質的な特徴を持った人のみに現れるものや、脂漏性皮膚炎のように皮脂の異常や細菌によって症状が現れるものがあります。

 

アトピー性皮膚炎

アトピー体質ともいわれる「アトピー素因(※)」を持った人にのみに現れます。素因の影響で、皮膚のバリア機能(角層表面が持つ保護力と保湿力)に障害が生じたり、皮膚の免疫が過剰に作動したりします。その結果、炎症反応(湿疹)が起こりやすくなり、慢性的な症状がみられます。乾燥や赤みを伴うことが多く、就寝中も無意識に掻いてしまうなど、かゆみが強いのが特徴です。また、かゆみはストレスになり、掻くことで一時的にはストレスを解消させられますが、一方で症状が悪化し、さらに掻いてしまうという「イッチ・スクラッチサイクル」に陥りやすくなります。

※アトピーの素因とは、「家族や本人に、気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の疾患を持つ」または「IgE抗体(アレルゲンに対して働きかけ、身体を守る抗体)を産生し易い」ことを指す

 

「アトピーの素因は日本人の3割くらいの人が持つといわれていますが、全ての人が発症するわけではありません。また、正しいスキンケアを継続するなどのセルフケアを行うことによって、発症率が下がることが分かっています。主な発症の原因は、ハウスダストやダニ、ストレスなどです。特にストレスは自律神経に影響して、皮膚の免疫調節機能が乱れたり皮膚のバリア機能をさらに弱くしたりしてしまうため、症状の悪化にも繋がりやすくなってしまいます。逆に、ストレスを軽減させると、発症の抑制や症状の軽減にもつながるのです」(衛藤先生)

 

脂漏性(しろうせい)皮膚炎

皮脂分泌の多い、頭皮や鼻周りなどの部位に生じやすい湿疹です。ストレスによって分泌される抗ストレスホルモンの影響による皮脂分泌異常や、ビタミンB群の不足などが原因になると考えられています。

「皮脂の分泌量が増える、質が悪くなるなど皮脂の異常が生じることで湿疹が現れます。皮脂量が増えると皮脂を好む細菌も増えるので、皮膚が刺激されてしまいます。これにより、さらに炎症反応が起きやすくなるため湿疹ができてしまいます」(衛藤先生)

 

異汗性(いかんせい)湿疹

汗をかき始める初夏に現れやすく、手の平に生じることが多い湿疹です。皮膚の下に1ミリ程度の水ぶくれのような形状で生じます。明確な原因は不明だとされていますが、主な要因は汗といわれています。季節要因だけではなく、ストレスによって交感神経が過剰に優位になるとさらに汗の量が増え、症状が出やすくなってしまいます。

「汗の刺激によって現れる『あせも』は、異汗性湿疹に近いものといえます。あせもを掻くと悪化するため湿疹となり、かゆみも強くなってしまいます」(衛藤先生)

 

皮脂欠乏性(ひしけつぼうせい)皮膚炎

皮膚の乾燥は、皮膚のバリア機能を低下させ、炎症反応が生じやすくなります。特に冬は、空気の乾燥によって皮膚も乾燥しがちになるだけではなく、気温が下がることで血流が悪化して皮膚の栄養障害も起こりやすいので、バリア機能の低下に繋がりやすくなります。元々の皮膚機能が低下した、高齢者に発症しやすい湿疹です。

「ストレスによって交感神経が過剰に優位になると、血管が収縮して血流が悪くなり、皮膚に十分な栄養が行き届きません。すると、バリア機能が低下し皮膚が乾燥するため、症状が現れやすくなってしまうのです」(衛藤先生)

 

うっ滞性(うったいせい)皮膚炎

血流が慢性的に静脈内で停滞することで生じます。血液が停滞して皮膚への栄養や酸素が行き届かなくなることが原因だと考えられています。特に、長時間の立ち仕事や加齢が影響していることが多いです。

「皮脂欠乏性皮膚炎と同じく、ストレスにより交感神経が優位になって血流が悪くなり、細胞への栄養障害が生じることも要因と考えられます」(衛藤先生)

 

湿疹によるかゆみの対処法

患部を冷やしているところ

湿疹にはかゆみが伴うため、かゆみを感じたときに、我慢できず掻いてしまうと、その刺激でさらにかゆみが増幅し「かゆみ→掻く→かゆみの増幅」の負のスパイラルにおちいってしまうこともあります。湿疹に伴う強いかゆみは、5〜10分でおさまるといわれているので、その時間を乗り切ることが大切です。以下に、かゆみをおさえるために有効な方法をまとめました。

 

冷やす

かゆみは皮膚の温度が上がると感じやすくなります。そのため、皮膚の温度を下げると、皮膚のかゆみに対する感覚が鈍くなります。市販の冷却グッズや冷やしたおしぼりなどを当てておくとよいでしょう。全身など広範囲にかゆみを感じるときは、ぬるめのシャワーを浴びることも有効です。

 

圧迫する

湿疹が生じている場所を圧迫すると、痛みや圧迫感などがかゆみの感覚を上回り、かゆみを感じにくさせます。そのまま5〜10分我慢して、かゆみがおさまるのを待ちましょう。

 

意識をかゆみ以外のことに集中させる

「かゆみ」は、センサーの役割を担う皮膚が感じた情報が脳へ伝わり、「かゆい」という感覚としてとらえられる仕組みになっています。かゆみばかりを気にしてしまうと、脳がかゆみの感覚を増大させてしまうので、運動や読書など、別のことに集中してみましょう。すると、かゆみを自然と忘れられるようになります。

 

皮膚科を受診し、薬を処方してもらう

かゆみを無理に我慢してしまい、悪化させてしまう前に、医師の診察を受けて薬を処方してもらいましょう。湿疹の薬には「内服薬」「外用薬」の2種類があります。専門医の指導のもと、正しく服用してください。

 

湿疹を予防・軽減する方法

手の平にクリームを塗っているところ

内的な要因からくる湿疹を予防・軽減するには、皮膚の免疫調節機能やバリア機能を正常化させましょう。皮膚は、1ヵ月ほどのサイクルで代謝を繰り返しているので、継続した行動を心がけてください。以下で、皮膚の免疫調節機能やバリア機能を正常化するために、ストレスの解消や皮膚の機能を保つ方法など、日常に取り入れたい具体的な行動を紹介します。

 

ストレスに対処する

ストレスが軽減されれば、その影響を受けていた自律神経のバランスが正常化し、自律神経が司る皮膚の免疫調節機能やバリア機能も回復します。運動や入浴、料理など、自分なりのストレス解消法を見つけてください。

今すぐストレス診断|タイプ10のストレス解消法・発散法
→ストレスタイプ別のストレス解消法を説明します。

 

質の良い睡眠をとる

質の良い睡眠は、自律神経を整えてストレスの軽減に効果的なほか、心身の疲労回復も期待できます。

「また、質の良い睡眠は皮膚の細胞活動を正常化させます。その結果、傷ついた皮膚の細胞がしっかり回復され、バリア機能の回復にもなります。代謝も向上することでターンオーバーの促進にもつながり、乾燥肌の予防にもなるのです」(衛藤先生)

就寝前に安眠対策!心身がベストな状態で眠りにつく方法
→就寝前にできる睡眠の質を高める方法を説明します。

 

運動する

運動は、ストレスの発散につながるだけでなく、体温が上がり血流もよくなるため、皮膚の栄養状態が改善されバリア機能の回復にも有効です。また、運動によって汗をかくと肌に保湿効果をもたらし、湿疹の改善も期待できます。週2回、30分程度の定期的な運動を生活に取り入れてみてください。

「運動による血流の向上や発汗は、湿疹の改善につながるためおすすめしています。ただし、汗には、殺菌作用などの役割を担う皮膚を刺激すやすい物質が含まれているので、長時間皮膚に残さないように注意してください。具体的には、運動後のシャワーや、タオルできちんと汗を拭き取るなどのケアを行うとよいでしょう」(衛藤先生)

 

皮膚の機能を正常に保つ

「皮膚の機能を正常に保つには、皮膚の乾燥を避け、代謝を保つことが大切です。そのために基本的な注意事項として、『掻かない』『擦らない』『洗い過ぎない』などが挙げられます。また、意識せずに行動している、以下のような事項にも注意してください」(衛藤先生)

 

殺菌成分の入った石鹸を使わない

殺菌成分は、皮膚をバリアする働きをする善玉菌とも言える表皮ブドウ球菌などの常在菌をも殺してしまいます。その結果、皮膚にとって悪い働きをしてしまう黄色ブドウ球菌などが増えやすくなります。また殺菌成分の刺激性からかぶれやすくもあり、常用はおすすめできません。擦り傷を洗うときなど、必要なときだけ使用するようにしましょう。

 

ナイロンタオルを使わない

ナイロンタオルでごしごしと皮膚を擦ってしまうと角質層を壊してしまうため、皮膚の代謝を乱すことにつながります。たまに、ナイロンタオルを使っての「あかすり」などは問題ありませんが、日常的に使用することは好ましくありません。

 

保湿剤やオイルを使う

入浴による皮脂の減少や身体の余熱による水分蒸発などにより、入浴後は皮膚の乾燥が起こります。皮膚が乾燥すると、湿疹の悪化する可能性があります。そのため、入浴後は、保湿剤やスキンオイルでケアをしましょう。

 

湿疹とそれに伴うかゆみは、アレルゲンやアトピー体質など、その素因を持った人に出やすい症状ではあります。とはいえ、上記で紹介した行動を意識して、かゆみに上手に対処することで軽減につながります。体質だからとあきらめずに継続し、習慣化していきましょう。

 

湿疹に有効な栄養素

魚料理と野菜がのったプレート

肌の状態を正常に保つためには、バランスの良い食事を摂りましょう。なかでも、ビタミンB2ビタミンB6は皮脂のコントロールに影響し、脂漏性皮膚炎などに有効とされています。また、ビタミンAビタミンCは、皮膚の代謝向上に影響し、バリア機能や保湿に効果的に働きます。以下を参考に食事メニューを考慮してみてください。

 

湿疹に有効な栄養素が含まれた食材

ビタミンB2:ウナギ、レバー、卵黄、チーズなど。
ビタミンB6:魚類、バナナ、くるみ、穀類など。
ビタミンA:レバー、うなぎ、人参、春菊など。
ビタミンC:ブロッコリー、芽キャベツ、ピーマン、キウイなど。

 

<参考>
衛藤 光「おとなの肌のかゆい!を治す」(大泉書店)


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A